小児歯科

小児歯科

小児歯科乳歯は、食べ物を噛むだけではなく、発音を助けたり顔の形を整えたりと、顔面と口まわりの機能を支えています。

また、乳歯は永久歯が正しく映えるための道筋を作る役割も果たしているため、永久歯に生え変わるからといってケアしなくてよいわけではありません。

乳歯のトラブルを放置すると、顎の成長や永久歯の健康に悪影響を及ぼす可能性もありますので、お子さまの健やかな成長のためにも、乳歯のケアと治療を行うことが大切です。

小児の虫歯治療

小児の虫歯治療当院では、お子さまに対して横暴な治療を行うことはございません。

お子さまの成長や性格などを踏まえ、少しずつ歯科医院に慣れていただくことを目指しております。ただし、緊急時や強い痛みがある場合は、可能な範囲でお子さまの不安を取り除いて治療いたします。

当院の小児歯科治療

むし歯になりやすい箇所はお子さまの年齢で異なるため、年齢に合わせたセルフケアとプロフェッショナルケアが必要です。
当院では、お子さまの歯の健康を守るために、次の治療や予防ケアを行っております。

フッ素塗布

フッ素塗布フッ素塗布は、歯質を強化してむし歯になりにくい歯を作る処置です。乳歯や生え立ての永久歯はむし歯になりやすいため、定期的なフッ素塗布をおすすめします。

また、フッ素塗布には歯の再石灰化を促す働きもあるため、小さな初期むし歯であれば改善が期待できます。

歯の定期検診

歯の定期検診幼児から中学生程度までのお子さまは、定期健診を受けていただくことが大切です。

年2~4回の定期健診を受けていただくことで、むし歯や歯周病の早期発見・早期治療、歯磨き指導によるセルフケアの質向上により、歯の健康を守りやすくなります。

咬合誘導

咬合誘導歯並びが悪いと、歯ブラシがすみずみまで届かないため、むし歯や歯周病のリスクが高まります。また、顔の形に問題が起きたり、永久歯が正しい位置に生えにくくなったりします。

そのため、乳歯から永久歯に生え変わる頃から、きれいな歯並びを実現するための顎の成長や口周りの筋の管理が必要です。お子さまの歯並びが少しでも気になる親御さまは、お気軽にご相談ください。

一番上に戻る一番上に戻る
03-3432-4618047-441-4618 ENGLISH アクセス