審美治療

審美治療

  • 審美治療口を開けたときに銀歯が目立って気になる
  • 前歯の形が不揃いで気になる
  • 被せ物がすぐに外れてしまう

このようなお悩みのある方はお気軽にご相談ください。

白くて美しい詰めものや被せものを選ぶことで、口元が美しく整って顔全体が若々しい雰囲気になります。当院では、口元の美しさと機能性の両方を取り戻す精密なセラミック治療に力を入れております。

審美治療とは

審美治療とは、歯の色や形を整えるとともに、歯の機能を取り戻すための治療のことです。

例えば、オールセラミックのような白い詰めものや被せものを使うと、美しい笑顔へ導くことができます。
また、歯垢が付着しにくいため、虫歯のリスクが低くなり、ご自身の歯を守ることにも繋がります。

接着にこだわった長持ちする審美治療

接着にこだわった長持ちする審美治療審美治療で重要なのは、歯と詰めもの・被せものの接着性を高めることです。

接着性に問題があると、歯と詰めもの・被せもののすき間に虫歯が発生する恐れがあります。金属の被せものは、接着性を高めるための合着セメントが唾液で溶けてしまうため、虫歯が再発しやすいとされています。

当院では、歯と被せものの接着性に優れた接着剤を使用しております。唾液で溶け出したり歯と被せものの間にすき間ができたりしないため、歯の健康を長く守ることが可能です。

美しい口元を演出するセラミック治療

美しい口元を演出するセラミック治療当院では、「患者さまにとって本当によいものを提供したい」との思いから、オールセラミックを導入しています。審美性と耐久性に優れており、補綴物の中でも特に優秀な素材です。

保険適用の被せものは、金属の土台に白いプラスチックを被せるため、角度によっては不自然に見えます。オールセラミックは土台も白いセラミックのため、どの角度からでも違和感がありません。

さらに、周りの歯の色調にそろえることで、自然な口元を表現できます。

オールセラミックの特徴

  • 表面が滑らかなため、歯垢がつきにくく、虫歯や歯周病になりにくい
  • 耐久性に優れており長く使用できる
  • 金属を使用しないため、金属アレルギーの方でも安心して使用できる
  • 優れた接着技術によって虫歯の再発リスクを抑えられる
  • 歯と歯茎の境目が目立たない

セラミック治療

白い被せもの

白い被せもの虫歯が大きい場合は、虫歯の部分を削って被せもの(クラウン)をします。

保険診療では、金属の土台にプラスチックを貼り付けた素材や銀歯などを使用しますが、いずれも審美性に欠けるため、見た目に悩む方が少なくありません。また、プラスチックは時間が経つと黄色く変色するうえに、金属も劣化・変形します。その結果、歯茎に黒いラインができる場合もあります。

さらに、プラスチックや金属には細菌が付着しやすいため、虫歯の再発リスクも高いのです。対してセラミッククラウンは虫歯の再発リスクが低く、機能性・審美性・耐久性の全てにおいて優れています。

白い詰めもの

白い詰めもの小さな虫歯は、虫歯の部分を削って詰めもの(インレー)をします。

保険診療では銀歯を使用しますが、審美性に欠けます。対してセラミックインレーは審美性と機能性に優れており、虫歯の再発リスクも低い素材です。

前歯の色・形を整える

前歯の色・形を整える前歯の色や形が気になる場合は、ラミネートべニアをおすすめします。

歯の表面を削ってセラミック製の薄いシェルを貼りつけて、歯の色と形を整えます。天然の歯を削る量が少ないため、歯の寿命が短くなる心配がありません。

前歯の差し歯をきれいにしたい

前歯の差し歯をきれいにしたい前歯の差し歯の色や形が気になる場合は、セラミッククラウンをおすすめします。

前歯は外側から見えるため、見た目に悩む方は少なくありません。自信のある口元を取り戻したい方はセラミッククラウンをご検討ください。

虫歯を目立たず治療したい

虫歯を目立たず治療したい虫歯治療の後の見た目が気になる場合、ダイレクトボンディングも選択肢の1つとなります。

ダイレクトボンディングとは、セラミックとプラスチックを混ぜた「ハイブリッドセラミック」を歯に貼り付けて硬化させる治療法です。歯の型どりの必要がなく、少ない通院回数で受けていただけます。

当院では、色彩の選択肢が多く、自然な透明感と光沢のある歯を再現できるグラディアダイレクトというハイブリッドセラミックを使用しております。

歯と歯のすき間や変色したプラスチックの補綴物が気になる方、小さな虫歯を目立たずに治したい方はご相談ください。

一番上に戻る一番上に戻る
03-3432-4618047-441-4618 ENGLISH アクセス