汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

親から子供への虫歯感染

こんにちは。受付の浅妻です♪

 

親に虫歯が多いと子供も虫歯になりやすいと言われていますが、本当でしょうか?

 

虫歯の原因は

・ミュータンス菌等の虫歯菌

・各個人が持っている虫歯になりやすいか、なりにくいかの体の免疫機能

・生活を取り囲む環境

などと言われています。

 

そのため、親や生活を共にする保育者から子供への感染は十分に考えられます。

 

一般的に人の口の中には約500種類の細菌が存在していますが、この中で善玉と言われる細菌は、口の中へ悪い菌が入り込むとそれを食べるなどして口の中の環境を整えようとしてくれます。

一方、悪玉といわれる菌の一つである虫歯菌は、糖分を食べてプラーク(歯垢)を作り、これが出す酸によって歯を溶かし、虫歯になります。

この虫歯は、始めの頃は歯の色が白濁食や黒褐色ですが、放っておくと次第に溶けて穴があきます。

そこに食べ物が詰まったりすると痛みを感じるようになり、最終的には神経まで侵されてしまいます。

虫歯はミュータンス菌等による感染症なのです。

 

 

では「いつ、どこで」虫歯に感染するのでしょうか?

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。

ミュータンス菌は歯などの硬い組織に付着するのが得意な細菌で、乳歯の生え始まる頃から感染します。

これは離乳食が始まり親が自分のスプーンで食べさせたりする日常生活から起こってきます。

つまり、親の口が汚れていて、子供に食べやすいように噛んだ食片を与えたりすると虫歯菌も同時に与えることになります。

虫歯菌はいったん定着すると非常に頑固に口の中に住み着いてしまいます。

 

 

子供の虫歯菌の治療では

「歯みがきをよくする」

「甘いお菓子やジュースは続けて飲ませないように」

などと言われますが、子供だけでなく親も自分自身の口の中をキレイに心がけることが大切です。

 

 

 

 

汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:   カテゴリ:未分類