汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

歯と歯の間に物が詰まりやすい

こんにちは♪♪

オリオン歯科汐留 受付の南雲です。

 

みなさん、食事中に何か食べ物が詰まって気になるという経験は無いですか?

 

歯と歯の間に食べ物が詰まる原因には、歯の間に隙間があったり、段差があったり、虫歯を治療した詰め物被せ物の形に問題があることなどが考えられます。

歯と歯の間は自然には清掃されず、特に虫歯になりやすい場所です。大人でも子どもでもジワジワと虫歯が進行してしまわないようこまめなお手入れが必要なのです。

また、日本人が歯を失う原因のトップである歯周病は歯と歯の間で始まります。30歳以上の80%が歯周病にかかっているともいわれ、決して他人事ではありません。

虫歯や歯周病を防ぐためにも、歯ブラシだけでなく、フロスもセットで歯みがきする事がベストです。

 

フロスなんてしなくても、楊枝で取れるよ♪という方、、、

確かに食事中に挟まったご自身でも気がつく様な大きな食物残渣は楊枝等で取れるかもしれません。しかし普段の食事で気付かない間にも、ごく小さな食べカスは必ず歯と歯の間に潜り込み、歯ブラシだけでは落とせないのです。

 

ぜひ一度フロスを試してみて下さいね。最初は難しいかもしれませんが、慣れれば簡単です。

どうぞお気軽にご相談くださいね。

オリオン歯科汐留 スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 

汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:   カテゴリ:未分類