汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

金属アレルギー

 

こんにちは、衛生士の横山です。

今日は、金属アレルギーについてお話していきたいと思います。

金属アレルギーと聞くとネクレスやピアス、指輪などを思い浮かべる方が多いかと思います。

もちろんそういったものも金属アレルギーの原因物質ですが、意外とあまり知られていないのが、口腔内の金属アレルギーです。

個人差もありますが、虫歯の治療を行い金属の詰め物をされている方も多いかと思います。

銀歯と言っても純粋な銀ではなく色々な物質が混ざって一つの銀歯になっています。

その銀歯がお口の中の唾液によって溶け出すことにより、全身へと巡ります。

そうして、お口まわりだけでなく全身の金属アレルギーを発症します。

 

また、金属アレルギーにはこんな影響もあります。

お口の中の金属は老化に深くかかわっています。
特にアマルガムという歯科用金属は水銀や銀、スズを含んでいます。
水銀やスズは重金属と呼ばれ、神経毒性が強く、不眠、イライラ、頭痛、めまい、アレルギー、肩こりなどさまざまな原因不明の不調を引き起こします。
重金属が、内臓への蓄積やホルモンバランスの乱れを起こすことによって、免疫力の低下が起こります。
歯の金属を外したことにより、免疫が正常に働きだして、リウマチなどの膠原病(自分の体を免疫細胞が攻撃する自己免疫疾患)が治った方もたくさんおられます。

また、溶け出した重金属は皮膚の真皮層に蓄積し、肌の老化を進めてしまいます。
さらに、体に蓄積された重金属は活性酸素をどんどんと発生させ、確実に細胞にダメージを与え、細胞の老化を早めます。また活性酸素によりDNAが傷つけられると、それががんの原因にもなります。

このようなこともあるので、取り除いてあげることが大切です。

オリオン歯科医院では、金属アレルギーのパッチテストも行っております。

なにかきになる症状がある方は、一度相談にいらしてみてください。

汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:   カテゴリ:金属アレルギー