汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

口に水を含むだけで汚れが付きにくくなる②

 

こんにちは。歯科医師の南です。

 

 

「歯を白くする」という謳い文句の市販の研磨剤入りの歯磨き粉を頻繁に使用すると、歯の表面を傷つけてしまうことがあるので注意してください。

 

歯の表面に微細な傷があるだけで、着色汚れが付きやすくなります。

たしかに研磨剤入りの歯磨き粉は磨いた後にスッキリした感触があり綺麗になった気がしますが、歯にミクロの傷を無数に作ってしまうのです。

その傷にステインがつきますので、さらにその汚れを取ろうと研磨剤で強く「ゴシゴシ磨き」を繰り返します。

そしてさらに新たな汚れがついてしまう(再沈着)というスパイラルに陥ります。

 

 

市販の歯磨き粉には、多少なりとも研磨剤が入っていると思いますので、購入する際は、よく成分表を見て研磨剤の含有量の少ないものを選ぶなどを心がけるといいでしょう。

 

 

しかし、繰り返し述べますが、ステインを確実に落とすにはやはり歯科でクリーニング処置をしてもらうのが一番です。

 

 

「一流の人の歯は、なぜ白いのか?」植木ゆかり先生著http://www.amazon.co.jp/dp/4426118611/#immersive-view_1421303118965)より抜粋

 

汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:   カテゴリ:コラム