汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

子供の虫歯対策

こんにちは♬

歯科衛生士の加原です。

産まれたての赤ちゃんは虫歯の原因となる虫歯菌を持っていません。

何処から虫歯菌を貰ってしまうかというと、虫歯菌を持っている大人の唾液から感染します。

最も感染しやすい時期は乳歯の生えそろう1歳半〜3歳ぐらい。

やはり、虫歯菌が感染する時期が遅ければ遅い程、虫歯予防につながります。

虫歯菌が感染らないように「子供の口にキスをしない」「大人が使ったスプーンを使用しない」等の

努力をされている方も多くいるかと思います。

特に「大人が使ったスプーンを使用しない」なんて徹底するのは本当に大変。

1歳頃になると子供は大人が食べているものを欲しがって泣き出す事も・・・

その都度スプーンを交換するのは大変だし、そもそも大人が食べた物を与えると、

そこから感染してしまう可能性も高いのです。

大人が食べているものを分けて食べさせてあげるだけでも、

その食べ物に少しは唾液が付いていたりするので感染してしまいます。

熱いものをフーフーして食べさせてあげるだけでも感染してしまいます。

厳密に言えば近くで喋っているだけでも気が付かないだけで唾液が飛んで感染してしまいます。

徹底するのはなかなか難しいようです。

では子供が虫歯になるリスクを減らすにはどうしたら良いのでしょうか?

一緒に生活する上で、虫歯菌の感染を完全に防止する事は難しいですが、

まずは「自分の唾液に含まれる虫歯菌の数を減らす」という努力をしましょう。

特に、お母さんのお口の健康がなによりも大切です。

現在虫歯があるのであれば、しっかり治療する事。

そして歯磨きをしっかりして自分の虫歯菌を減らせば、子供が虫歯になるリスクは軽減されます。

大人がしっかりと口腔内のケアをしていれば子供の歯を大切にするという教育にもなるので、

そこから徹底したほうが良いかと思います。

最も効果があり理想的なのは、妊娠期の母親の口腔ケアからお子様への虫歯予防をスタートさせることです。

将来のお子様のお口の健康の為に、歯科医院にて健康状態を検査しましょう。

汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:   カテゴリ:小児歯科・マタニティ歯科, 未分類