汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

保険診療と自費診療の違い

こんにちは♬

 

オリオン歯科汐留 受付の南雲です。

今週は朝晩がずいぶん寒くなりましたね。

皆さんお風邪などひかれていませんか?(>_<)

 

さて、みなさんは歯科診療って医療費が高いな〜と感じた事はありませんか?

 

”歯とは一生つき合って行かなくてはいけない”というのは誰もが知っている事です。

なぜなら生命を維持するには、一生食事を摂り続けなければならないからです。

日本の医療保険制度では、多くの歯科診療に健康保険が適応されており、治療にかかる費用の一部の負担額で治療を受ける事ができます。

 

しかし、歯科における保険診療は元来”ものを食べる為に歯が機能する”ことが中心です。そのため、保険診療が適応されている処置には、診療内容や使用する材料などに制限があり、限界があります。

 

現在では社会が豊かになり、我々の生活の質自体が豊かになっています。同じく今の歯科医療では、より健康で”豊かな気持ち”で過ごす為の治療技術や様々な素材が開発され、美しさ、耐久性、安全性に優れた治療を提供する事が可能となっています。

ただし、それらの多くが健康保険に適応されず、全額自己負担での治療となります。

 

個人が感じる”豊かさ”が違うのと同様に、選ぶべき歯科診療も様々です。そこで、毎日を健康で”豊かな気持ち”で過ごす為に、歯科診療を選ぶ為のポイントをご紹介します。

 

①健康

歯の噛み合わせが大きな要因となります。例えば自分の歯であっても、肩こりの原因や頭痛・腰痛などの全身疾患にも影響があります。詰め物や人工歯を使用する場合、ご自身の骨格や噛み合わせに適した歯を選びたいものです。

②美しさ

笑った瞬間に見える歯やお話をする時の口元は、老若男女を問わず第一印象に大きく関わります。素材の種類、色の美しさや、透明感は選ぶ時のポイントとなります。

③耐久性

治療法や素材の違いにより、耐久性に大きな差があります。

④安全性

長い間お口の中に存在する詰め物や被せ物、義歯等に使用する素材によって、素材が溶解してしまう事があります。そのため、金属アレルギーなど体質によっては素材が全身に影響する事があります。お薬以上に安全性を考えて頂く事が大切です。

 

何か気になる事や分からない事があればお気軽にご相談くださいね。

 

オリオン歯科汐留スタッフ一同おまちしております。

汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:   カテゴリ:コラム