汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

智歯は抜歯した方がいいのですか?

 

こんにちは。歯科医師の南です。

 

 

今日はよく聞かれる『智歯(親知らず)は抜歯した方がいいのですか?』という質問に対して、答えたいと思います。

 

 

智歯(親知らず)だから抜歯した方がいいということはありません。きちんと上下でかみ合っていて、食事をする時に役立っているのであれば、むやみに抜歯する必要はありません。

 

ただ、現代の日本人の中で智歯がきちんと歯列に並ぶ人は少なく、多くの場合、特に下顎の智歯は横に傾いたり、中途半端に生えたりしています。

 

この場合、下顎の智歯の周囲の歯肉が炎症を起こしやすく、いわゆる智歯周囲炎という状態になります。

そうすると、智歯の周囲の骨(歯槽骨)も炎症のために溶けてきて(吸収されて)しまいます。

 

同時にかみ合ってない上顎の智歯は飛び出してきて、下顎の第二大臼歯や歯肉と当たってしまうことがあります。

 

したがって、このような場合には、智歯を抜歯することもやむを得ないと思います。

 

下顎の智歯を抜歯するにあたっては、智歯の歯根の先端と下顎骨の中を走る神経(下歯槽神経)とが近接している場合があり、抜歯の際に神経を損傷することもあります。

このようなことを起こさないために、専門的な診察や検査を受けた上で抜歯を行うことをお勧めします。

 

なお、私たちのクリニックには。口腔外科の専門の先生もいますので、安心して受診してください。

 

汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:   カテゴリ:親知らず