汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

歯周病治療の効果はメインテナンスによって決まる!

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

現在、日本の80歳の方に残存している歯の本数は平均12本です。

それに対し、スウェーデンでは平均20本、アメリカでは17本です。

この違いはどこから生まれるのでしょうか?

実は欧米諸国と日本では歯科定期検診の受診率に大きな差があります。

予防歯科が進んでいるスウェーデンでは、歯科定期検診の受診率は全国民の80%以上。

また、他の欧米諸国でも70%ほどの受診率を保っています。

これに対し、日本の受診率は10%未満なのです。

 

歯周病は生活習慣病ですのでいったん治療が終了しても、ちょっとした油断で再発し、

再治療が必要になってしまいます。

そのような事態にならないように、最も大切な事は、

毎日のブラッッシングであることはいうまでもありません。

しかし、ご自身ではきれいに磨けているつもりであっても、

細かい部分や磨きにくい部分に意外と歯垢(プラーク)は残り、

やがて硬い歯石となりブラッシングでは除去できなくなります。

歯石には細菌が含まれていますから、歯周病を引き起こす原因となります。

定期的に歯科医院でメインテナンスを行えば、そのような磨き残しのチェックや、

歯ブラシの届かない歯周ポケットの中から細菌を除去することができます。

問題が起こってから歯科医院を受診するのではなく、

問題が起こらないように歯科医院を利用しましょう。

 

定期検診は歯を守ります。

そして、歯周治療の終了はゴールではなく、スタート地点です。

定期検診により、むし歯や歯周病の再発がみられても早期であれば

治療も少なくてすみます。

定期的に歯科医院でしっかりとしたメインテナンスを受けることにより、

お口の健康を長く維持していきましょう。

 

オリオン歯科一同お待ちしております。

 

汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:   カテゴリ:未分類, 歯周病治療