汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

歯周病と歯根膜の働き

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

今日は歯周病についてのお話をしていきます。

歯の周りの歯を支えている組織に歯肉、セメント質、歯根膜、そして歯槽骨があり、

これらは歯周組織と呼ばれます。

ha-177-2

 

特に歯根膜は歯の根(歯根)と歯槽骨の間に

ある繊維性の組織、血管、神経などから

構成され、歯を骨の凹部にしっかり

つなげていきます。さらに歯根膜は

歯に加わった噛む力(咬合力)を

ハンモックのように受け止め、

力を和らげ、そのときに感覚を

脳に知らせる働きをします。

 

例えば、硬いものや柔らかいものを食べるときに噛む力を

使い分けることができるのは、歯根膜のおかげです。

 

歯周病では、歯周組織が炎症によって破壊されるため、

歯槽骨やこの歯根膜が失われ、量が少なくなります。

こうなると、歯は支えを失い、揺れたり動いたりしてきちんと噛むととが出来なくなり、

以前は噛めていた食事でも、痛みや違和感を覚えたりして、食べにくくなります。

 

このような自覚症状があるようでしたら、

進行した歯周病に罹っている可能性が高いので、ご相談下さい。

オリオン歯科一同お待ちしております。

汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:   カテゴリ:歯周病治療