汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

歯ブラシの持ち方について

 

 

こんにちは、衛生士の横山です。

 

今日は歯ブラシの持ち方についてお話していきたいと思います。

 

皆さんは歯ブラシの持ち方を意識したことがありますか?

歯磨きの仕方だったり、時間を意識することはあっても持ち方を意識することはなかなかないと思います。

 

しかし歯ブラシの持ち方も磨き方同様とても大切です。

 

無意識のうちについ力が入ってしまいグリップ持ちのように握りこぶしをつくって磨いていることはないですか?

 

せっかく頑張って磨いていてもそのような持ち方では頑張りが無駄になってしまいます。

 

力が入りすぎてしまうあまりに、ブラシの毛先が開いてしまい正確な位置にブラシが当たらなかったり、力が強すぎて歯肉を傷つけてしまったり、歯の表面をすり減らしてしまったりと様々な口腔内への悪影響があります。

 

歯ブラシの正しい持ち方としては、鉛筆持ちと言われる持ち方をおすすめします。

 

グリップ持ちと鉛筆持ちでは実際に持って磨いてみると力の入り具合というのが全然違ってくると思います。

 

 

 

 

歯磨きの仕方が難しいな、わからないなという方はいつでもお気軽に来院してみて下さい。

 

オリオン歯科医院汐留スタッフ一同心よりお待ちしております。

汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:   カテゴリ:未分類