汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

アーカイブ: 11月 2013

講演会

 

こんにちは。歯科医師の南です。

 

昨日は、私たち櫻雅会の理事長櫻田雅彦先生の講演に行ってきました。

 

IMG_1551

 

 

 

 

 

 

また、今日から頑張ろうと思える有意義な時間を過ごすことが出来ました。

 

これからも、法人全体で日々研鑽し、患者様ひとりひとりの笑顔を目指していきたいと思います。

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:未分類

歯の着色について

こんにちは☆

オリオン歯科汐留、受付の南雲です。

先週末から、気温が急激に下がり、今週は12月上旬の寒さだったそうですが、

みなさん体調などは崩されていませんか?

 

 

今日は、歯の着色についてお話ししていこうと思います。

 

歯が着色したり変色したりする原因には、外因性のものと内因性のものがあります。

外因性のものは、外来色素(タバコのヤニなど)が歯に沈着することで起こります。

また、内因性のものは薬物の影響により歯質の色調に変化が現れることで、また歯の脱臼が原因となる歯髄死などで起こります。

 

発生頻度は外因性によるものが圧倒的に高いとされています。

 

外因性の歯の着色は、飲食物やタバコなどの嗜好品あるいは色素産生細菌由来の色素が、エナメル質表面に沈着する事で起こります。

 

またプラークの存在は色素の沈着を促進する事があります。よく見られる部位は、上顎前歯の唇側および、下顎前歯の舌側などです。

 

外因性の歯の着色は、緑・橙・黒・褐色など、様々な色調を呈します。黒や褐色のもので食品などに由来するものは、お茶のタンニン酸により鉄分が還元されて黒色を呈するもの、あるいはタバコのヤニが(タール成分)がへばりつくことによるものがあります。

 

沈着量は、必ずしもお茶の摂取量あるいは喫煙本数に比例しません。

 

 

一方、細菌由来色素によるもので、緑色のものは、若年者で口腔清掃不良の人によく見られます。また、細菌色素由来のもので黒色のものは、歯肉の上側の歯面に線状あるいは斑点状に見られ、きれいにしてもまた沈着します。

 

外因性の歯の着色は日常の歯ブラシでその付着を減弱することが出来ますが、一度強固に沈着したものを完全に除去するには、歯科医師、あるいは歯科衛生士による機械的清掃(スケーリングなど)が必要となります。

 

 

内因性の歯の着色は、歯質自体が変色する事で見られます。このうち薬物の服用によるものではテトラサイクリン系の薬剤、あるいは金属(鉄など)を含む薬剤を長期間連用することによって象牙質の色調が変化し、その色がエナメル質を透過して、歯が変色して見えます。

また、歯髄死によるものでは歯髄の血液の変性、歯髄組織の壊死によって生じたものが象牙質の色調に変化を与え、その色がエナメル質を透過して歯が変色して見えます。このときの色は黄・茶・紫・黒色まで実に様々な色調を呈します。

 

 

内因性の歯の着色に対する治療法としてはジャケット・クラウンによるもの、あるいは外から見える部分の歯の表面だけを削り、そこに正常色をしたシェル(貝)状のポーセレンや歯科用レジンを貼る方法(ラミネート・ベニア・クラウン)があります。

また、歯髄死によるものでは、漂白剤を歯の中に貼付し、変色した歯質の色調を回復させる方法(ブリーチ法)などもあります。

 

 

きれいな白い歯は笑顔をさらに魅力的に見せますよね♪

どうぞお気軽に検診にいらしてください。

オリオン歯科汐留 スタッフ一同お待ちしております。

 

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:未分類

歯科においてのインフルエンザ予防

 

こんにちは。歯科医師の南です。

 

ここ最近、寒さが一層厳しくなり、朝晩と日中の温度変化で体調を崩されている方も多いのではないでしょうか?

これからさらに寒い季節になってくると、風邪やインフルエンザの予防をしっかりとおこなっていかなくてはなりません。

 

実は、インフルエンザを予防するのにお口の中の口腔ケアは非常に大切な事なのです。

 

ある介護保険施設で行われた研究で歯科衛生士が週1回、丁寧な歯磨きや舌みがきの指導を行ったところ、『インフルエンザの発症率が10分の1に激減した』という報告があります。

 

メカニズムは次のように推定されています。

鼻からのどにかけての粘膜はタンパク質の膜で覆われているため、ウイルスはなかなかくっつくことができません。

ところが口の中の細菌が出す「プロテアーゼ」という酵素が膜を破壊することで、ウイルスがくっつき、細胞内に侵入できるようになると考えられているのです。

お口を不潔にしておくことで、細菌が増殖し、プロテアーゼの量も増えて、インフルエンザにかかりやすくなるということです。

7-340-2

毎日の歯磨きをしっかりおこない、歯科医院での歯周病や虫歯の治療、歯のクリーニング(PMTC)などをおこなうことで口の中の細菌を減らすと、プロテアーゼの量が減り、インフルエンザの発症も抑えられるとされています。

 

口の中には、インフルエンザウイルスの感染を助けると考えられる細菌以外にも、唾液に混じって気道に入り、重症の肺炎を引き起こす細菌なども多く住み着いています。

そのため、日頃から口の中をきれいに保ち、細菌を除去しておくことが、幅広く危険な感染症を予防する対策として有効なのです。

 

皆さん、ご自身の健康を保つために、しっかりとお口の中からきれいに保つ事を心がけて下さい。

 

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:未分類

口呼吸を治そう!

こんにちは♪

衛生士の加原です。

 

冬になるにつれて空気が乾燥してきましたね。

空気中には、ほこりや細菌、ウイルス、花粉、有害な排気ガスなど

身体に有害な物が含まれています。

鼻呼吸ではその大部分が自然にろ過されますが、

口呼吸では直接喉を通り肺に入っていきます。

さらに、口や喉が乾燥しやすく、唾液の分泌が悪くなり、

歯や歯ぐきにも大きな影響があります。

呼吸とは本来、鼻から息を吸い鼻から吐く鼻呼吸が正常な状態ですが、

最近では口から息を吸って口から吐く口呼吸をしている人が増え、問題視されています。

 

口呼吸による影響としては、

①口や喉の乾燥

・唾液の分泌が悪くなり、むし歯や歯周病に罹りやすくなる

・口臭やいびきの原因にもなる

・喉のリンパが炎症を起こしやすくなる

・体が緊張状態と勘違いして、睡眠中も休まらない

②免疫機能の低下

・風邪をひきやすくなる ( 自律神経を乱す )

・アトピーや高血圧、ぜんそくやアレルギーなどが起こる引き金になる

③舌や口の筋力の低下

・舌の位置が正しくないと、前歯を舌で押す状態になる為、

”ポカン口”になったり歯並びが悪くなる原因になる

・顔のたるみ、しわ、二重アゴの原因になる

などがあげられます。

 

まずは口呼吸になっていないかご自身でチェックしてみましょう。

□無意識に口があいている

□食事の時にクチャクチャ音をたてる

□朝起きた時に喉がヒリヒリする

□歯並びが悪い

□唇がよく乾く

□いびきや歯ぎしりがある

□口臭が気になる

□口内炎ができやすい

□口を閉じると顎の先に梅干状のしわができる

1つでも当てはまるものがあれば、口呼吸になっている可能性があります。

 

口呼吸を改善し鼻呼吸へと誘導する治療が必要です。

お気軽にご相談下さい。

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:未分類

炭酸ジュースはなぜむし歯になるの?

 

 

こんにちは、衛生士の横山です。

 

昨日、炭酸ジュースとむし歯のお話が出ていたので今日はなぜ炭酸ジュースがむし歯の原因になるなかという事についてお話していきたいと思います。

 

 

甘い炭酸ジュースだったり、お砂糖の入ったものというのは、皆さんの中で「歯が溶ける」とか「歯がなくなる」というイメージがありませんか?

 

実際には歯そのものが溶けているというよりも、歯の表面にある大切な成分の一つである、「ミネラル」というものを溶かしていきます。

これが「脱灰」といわれていることです。

 

しかしこの脱灰というものは唾液の成分であったり正しいブラッシングや食生活により再石灰化といって歯の表面が中性になることによりミネラルが歯にくっつきます。

 

歯が脱灰されてくる時間帯というのがおおよそ食後3〜5分後と言われています。

なので、この時間が過ぎないうちに歯磨きをしたり、やむおえず出来ない場合にはお水でお口をゆすぐ、100%キシリトールガムを噛むなど工夫してみて下さい。

 

炭酸ジュースが大好きな方に全く飲まないで下さいとは、私たちでも言う事が出来ません。

簡単には人の食生活というのは変わらないからです。

しかし、飲み方だったりケアの仕方というのは、意識することによって変える事が出来ます。

だらだら食べやだらだら飲みというのは歯が常に脱灰されている状態なので、むし歯に常になりやすくなっているということです。

 

なので時間を決め量を決めしっかりケアをすることが大切です。

 

そのようにして、むし歯も作らずおいしくいただけるようにして下さい。

 

食生活のことであったり、ご自身の歯の質を知りたいという方は是非来院されてみて下さい。

今までなかった発見があるかもしれません。

 

オリオン歯科汐留スタッフ一同心よりお待ちしています。

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:未分類

コーラのはなし。

こんにちは、「コーラ大好き!」歯科医師の田村です。

寒い季節になってきましたね。

外は木枯らし吹く中、暖かい室内で飲む冷たくシュワっとしたコーラ、最高ですね!!

 

さて、今日は私の大好きなコーラの話をしようと思います。

 

コーラと言っても、各種メーカーがいろいろな商品を出していますが、私の好きなコーラは数ある中で只一つ、『コカ・コーラ』です。

 

コーラ

 

ペプシでもゼロでもありません、昔ながらの赤いコカ・コーラです。

私に言わせれば、それ以外は邪道です。

数種類のコーラの中から赤コーラを当てる、なんて芸当もお手の物です☆

かれこれ13年程前になりますが、コーラ好きが高じて、アメリカのアトランタにあるCoca-cola museumを訪れたりもしました。

缶よりも瓶、瓶よりもサーバーから注ぎたてのコーラです!

炭酸強めがお好みです♪

 

院内でスタッフが患者さんに「ジュースや炭酸飲料などは控えて下さい」などと言っているのを時折聞きますが、そうは言っても好きなもんは好き!止められないですよね、にんげんだもの…

コーラ好きからしたら、「コーラ飲んで虫歯が出来るなら本望だ」といったところなんです。

 

さて、そんな私もついにヤキがまわってきたようです。

 

最近左上の歯がしみます…

レントゲン写真撮りました、虫歯です…

本望叶ってしまいました…

 

むしば

 

全国のコーラ好き仲間の皆さん、美味しく

コーラを飲むために定期的な歯科検診と

早期発見・早期治療は大事ですよ!!

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:未分類

抜歯する必要のある歯

こんにちは♪

オリオン歯科汐留 受付の南雲です。

11月に入り、一日を通して冷え込むようになってきましたが、皆さん体調など崩されていませんか?

 

今日は患者さんも恐いという方が多い抜歯についてお話しようと思います。

まず、抜歯が必要な歯とはどんな状況なのでしょうか。

 

抜歯は歯にとっては最後の手段となりますので、歯科医師が『抜歯の適応』との判断を下すのは非常に慎重になります。

 

近年、むし歯(齲蝕)の治療法および歯周病治療法の進歩により、歯を残して咬合(噛み合わせ)に役立てる事ができる可能性は増してきましたが、それでも保存する事が不可能な歯や、本来、萌出すべき(生えるべき)場所に萌出しなかった歯など、歯の存在が障害の原因となる場合は、抜歯が必要となります。

 

 

抜歯が必要となる歯は

①重度のむし歯(齲蝕)で、どのような処置を行っても保存する事が不可能な歯

 

②歯根の吸収(歯の根に部分がなくなっていく生理的現象)が著しく、動揺の著しい歯

 

③根尖(歯の根の尖端の部分)に病巣があり、治療を行っても保存する事が非可能と思われる歯

 

④重度の歯周炎による歯槽骨(歯を支えている骨)の吸収で動揺の著しい歯

 

⑤歯冠(歯の歯肉から上に出ている部分)および歯根が破折していて修復が困難な歯

 

⑥隣の健康な歯や歯周組織に障害を及ぼしたり、感染症の原因となる歯

 

⑦義歯(入れ歯やブリッジ)制作のため抜去を必要とする歯

 

⑧矯正歯科治療のため、抜去を必要とする歯

 

⑨永久歯の萌出の妨げとなっている乳歯

 

⑩炎症の原因となった歯で、再発の恐れのあるもの

 

などです。

抜歯は、痛そうだし、恐そうだし。。。というイメージが強いかと思いますが、

やはりいつまでもご自身の歯で美味しくお食事をしたいものですよね♪

大切な歯を、抜かなくてもいいように、お痛みが無くても歯科に検診にいらして下さいね。

 

オリオン歯科汐留 スタッフ一同お待ちしております。

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:未分類

全身疾患をお持ちの患者様へ

こんにちは♪

衛生士の加原です。

 

また一段と冬に向けて寒くなってきましたね・・・

最近少しずつ風邪をひかれている方も多くなってきました。

早い段階でお薬を飲んだ方が早く治りますし、早めに病院に行きましょう。

 

さて、病院に行くと問診票を記入しますね。

問診票には、今まで罹った病気や今罹っている病気に関して、服用しているお薬について

記入する欄があります。

同じ身体の事なので皆さん当然記入するかと思います。

ただ、歯科の場合はどうしょうか?

別に身体の事で歯科には関係ないと思いがちです。

歯科治療においても一般医科の治療と同じように、出血をともなう手術や処置、

また麻酔を用いて行わなければならない治療が多くあります。

全身疾患をお持ちの方が歯科治療を受ける場合は、歯科治療自体がストレスとなって

体調や病状が悪化したりすることもありますし、治療を行う側が疾患の内容を含めて、

患者様の全身状態を把握しておくことが非常に重要となります。

治療内容によっては、主治医と連絡を取り合い、治療や処置の方法、

麻酔薬や麻酔の仕方、処方する薬剤の種類などを検討し、

万全の態勢を整えて安心かつ安全に歯科治療を行えるようにしていきます。

歯科治療とは関係ないと勝手に判断して、歯科医師に全身疾患の事を話さないことは、

思わぬ事態を招くことがある為、

初診時はもちろんのこと、通院中の方も何か変化がありましたらすぐにご相談下さい。

 

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:未分類

たかが口内炎、されど口内炎

 

こんにちは。オリオン歯科汐留、歯科医師の南です。

 

 

☆口内炎、じつは種類はさまざま!

 

「口内炎」という言葉を聞いて、みなさんはどんな病変を思い浮かべますか?おそらく、ポツッと白いものができて痛い「アフタ」を思い浮かべるのではないでしょうか。

「アフタ」は多くの方が経験する口内炎で、そのため「口内炎」という言葉は「アフタ」の代名詞のように使われる事もおおいですね。

 

もともと「口内炎」とは、口の粘膜に起きる炎症の症状を、かなり大雑把にひとくくりにして表現する、とても便利な俗称なんです。

「口内炎」と一般的に呼ばれる症状のなかには、アフタのほか、カンジダ、ウイルス感染によってできる水泡、誤って噛んでできたキズの炎症、それから全身疾患の症状がお口に出たもの、がんに変化する前の病変など、数多くのトラブルが含まれます。

 

 

☆なぜ見た目が似るの?

 

ふだんあまり意識はしてはいませんが、私達のお口の中には、バイ菌がいっぱいいます。

楊枝の先にちょこっとついた程度のプラークのなかに、数億のバイ菌がいるというのですから、トータルすれば相当の数になります。

まして、お掃除を丁寧にしていないお口の中には、たいへんな数のバイ菌がいるはずです。

 

そのためお口の粘膜にできたキズ、水泡、前がん病変も、それ自体には炎症がなくても、二次的に感染を起こしやすいのです。

お口に入ってきた硬い食べ物は粘膜をこすります。

水泡はあっという間につぶれ、破れます。

すると最終的にはどの病変もおなじような炎症によって、同じような顔に見え、十把ひとからげに「口内炎」と認識されやすい、というわけです。

 

 

☆粘膜チェックでお口もからだも健康に!

 

みなさんのお口の中にできた炎症は、ほとんどの場合、放っておいても平気なアフタやキズでしょう。

ただ、さまざまな患者さんを診察している私たちは、「もっと早くに受診してくれていたらなぁ」という深刻な場面にも少なからず、出会うのです。

 

そこで、口内炎ができたとき「これは大丈夫だな」とか「何かへんだぞ」と念のため疑ってみるポイントを覚えておいてください。

粘膜の細胞は2週間で入れ替わります。それを過ぎてもなかなか改善してこないというときには「なにかへんかな?」と念のため疑ってみてください。

 

粘膜の健康は、からだの健康にとって、大切なバロメーター。

お口の粘膜の健康も日頃から目を向けて、お口とからだの健康を維持していきましょう。

 

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:未分類

歯ブラシの持ち方について

 

 

こんにちは、衛生士の横山です。

 

今日は歯ブラシの持ち方についてお話していきたいと思います。

 

皆さんは歯ブラシの持ち方を意識したことがありますか?

歯磨きの仕方だったり、時間を意識することはあっても持ち方を意識することはなかなかないと思います。

 

しかし歯ブラシの持ち方も磨き方同様とても大切です。

 

無意識のうちについ力が入ってしまいグリップ持ちのように握りこぶしをつくって磨いていることはないですか?

 

せっかく頑張って磨いていてもそのような持ち方では頑張りが無駄になってしまいます。

 

力が入りすぎてしまうあまりに、ブラシの毛先が開いてしまい正確な位置にブラシが当たらなかったり、力が強すぎて歯肉を傷つけてしまったり、歯の表面をすり減らしてしまったりと様々な口腔内への悪影響があります。

 

歯ブラシの正しい持ち方としては、鉛筆持ちと言われる持ち方をおすすめします。

 

グリップ持ちと鉛筆持ちでは実際に持って磨いてみると力の入り具合というのが全然違ってくると思います。

 

 

 

 

歯磨きの仕方が難しいな、わからないなという方はいつでもお気軽に来院してみて下さい。

 

オリオン歯科医院汐留スタッフ一同心よりお待ちしております。

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:未分類