汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

カテゴリ: 金属アレルギー

口腔内のデトックス『金属アレルギー検査』

こんにちは、歯科衛生士の樋口です^^

 

ここ最近、金属アレルギー外来で来院される患者様がとても増えた様に思います。

 

みなさま、何らかの不調をかかえており、まさか数十年前に歯科医院で治療したお口の中の銀歯が原因だとは思ってもみなかった様です。

 

近年、重金属による体内汚染は社会問題になりつつあります。

 

以前は水俣病やイタイイタイ病のような人為的なものが原因でしたが、現在では土壌汚染、大気汚染などの環境問題、食生活、歯科材料、生活習慣など様々な要因によって重金属は蓄積していき、人体を蝕んでいます。

 

どのようにしてお口の中からの金属アレルギーは起こるのでしょうか??

 

まずお口の中の銀歯が溶け出して金属イオンとなります。
その金属イオンが体のタンパク質と結合し、「異物」と見なされます。

 

それが体の免疫機構から攻撃を受け、体に障害や炎症を引き起こします。

 

これが金属アレルギーで、全身のどこにでも起こる可能性があり、花粉症のように、ある日突然発症する可能性があります。

 

その結果として、不定愁訴をはじめ湿疹、扁平苔癬、掌蹠膿胞症、記憶力の低下、免疫力の低下、老化の促進が進むと考えられています。

 

 

どの金属イオンに対してアレルギーがあるのかを、パッチテストを用いて調べます。
パッチテストは背中で行います。

 

痒みがでたり、発赤が出たりした部分が金属アレルギーとなります。

 

 

まずは検査を受けて、金属アレルギーなのか、また、どの金属に反応を示すのかをはっきりさせると今後の治療が明確になってくると思います。

 

 

是非、一度ご相談ください♪

 

metallergia_images_atpic-2

 

 

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:未分類, 金属アレルギー

金属アレルギー

 

こんにちは、衛生士の横山です。

今日は、金属アレルギーについてお話していきたいと思います。

金属アレルギーと聞くとネクレスやピアス、指輪などを思い浮かべる方が多いかと思います。

もちろんそういったものも金属アレルギーの原因物質ですが、意外とあまり知られていないのが、口腔内の金属アレルギーです。

個人差もありますが、虫歯の治療を行い金属の詰め物をされている方も多いかと思います。

銀歯と言っても純粋な銀ではなく色々な物質が混ざって一つの銀歯になっています。

その銀歯がお口の中の唾液によって溶け出すことにより、全身へと巡ります。

そうして、お口まわりだけでなく全身の金属アレルギーを発症します。

 

また、金属アレルギーにはこんな影響もあります。

お口の中の金属は老化に深くかかわっています。
特にアマルガムという歯科用金属は水銀や銀、スズを含んでいます。
水銀やスズは重金属と呼ばれ、神経毒性が強く、不眠、イライラ、頭痛、めまい、アレルギー、肩こりなどさまざまな原因不明の不調を引き起こします。
重金属が、内臓への蓄積やホルモンバランスの乱れを起こすことによって、免疫力の低下が起こります。
歯の金属を外したことにより、免疫が正常に働きだして、リウマチなどの膠原病(自分の体を免疫細胞が攻撃する自己免疫疾患)が治った方もたくさんおられます。

また、溶け出した重金属は皮膚の真皮層に蓄積し、肌の老化を進めてしまいます。
さらに、体に蓄積された重金属は活性酸素をどんどんと発生させ、確実に細胞にダメージを与え、細胞の老化を早めます。また活性酸素によりDNAが傷つけられると、それががんの原因にもなります。

このようなこともあるので、取り除いてあげることが大切です。

オリオン歯科医院では、金属アレルギーのパッチテストも行っております。

なにかきになる症状がある方は、一度相談にいらしてみてください。

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:金属アレルギー

金属アレルギーについて

こんにちは、歯科衛生士の樋口です^^

 

 
最近暖かかったり、寒かったりで体調を崩しやすいですが、もうすぐ新生活が始まる方も多いので、体調管理はしっかりとしていきましょうね♪

 

 
ということで、今日は金属アレルギーについてお話をしたいと思います。

 

 

金属アレルギーと聞くと、ピアスやネックレスなどのアクセサリーによるアレルギーを思い浮かべる方がほとんどだと思います。

 

 

実はお口の中に入っている銀の詰め物(いわゆる銀歯ですね)からもアレルギーは起こるのです。

 

 

歯科治療に使用した金属が長い間にお口の中に溶け出し、それが体に取り込まれてアレルギー反応を起こしてしまうことが原因です。

 

銀の詰め物は、何種類もの銀素材が混ざり合わさってできているのです。

 

<金属アレルギーの原因となりやすい主な金属>
コバルト、スズ、パラジウム、インジウム、イリジウム、クロム、ニッケル、水銀、などなど…

 

金属アレルギーの症状

金属アレルギーの症状 画像

もっとも多いのは、手や足の裏に水泡や膿をもった膿胞ができる症状。

次いで、口の中の粘膜にわずかに隆起した白線ができる症状。

さらに、口内炎や歯肉炎、衣服などに触れている皮膚が炎症を起こす接触性皮膚炎、発疹、などが代表的な症例です。

 

金属アレルギーの検査方法
金属アレルギーの検査方法 画像

代表的な検査方法には「パッチテスト」があります。

パッチテストとは、アレルギーの疑いのある金属試薬を肌に付けて肌の反応を見る検査です。

一般的には皮膚科や大学病院などの専門外来に依頼しますが、一部の歯科医院でも実施されています。

 

 

汐留院でも金属アレルギーの検査もやっていますので、もしお困りでしたらぜひご相談下さいね^^

 

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:未分類, 金属アレルギー

セラミックと金属の詰め物について

こんにちは、歯科衛生士の樋口です^^

 

今日はセラミックの詰め物についてお話ししたいと思います。

 

急に詰め物が取れてしまったり、虫歯の治療を終え、詰め物の種類を何の素材にしようか悩んでしまう方が多いと思います。

 

セラミックは保険治療の範囲ではないので金額的にもなかなか簡単に手が出せないと思います。

 

見た目が白い方がもちろん良いのですが、その他にどんなメリットがあるのか?普通の保険の銀歯でも噛めるんじゃないか?等々いろんな疑問が出てくると思います。

今日はそのあたりの疑問を少しクリアにしていきたいと思います。

 

*金属の詰め物

メリット
・保険適用なので安価でできる。
・型採りをしてから出来上がりまで短い期間でできる。

デメリット
・口の中で目立つ
・虫歯になりやすい(歯の磨き方が悪いのではなく、銀歯が劣化することによって起こって歯とのすき間からむし歯になってしまいます。)
・歯ぐきが黒くなる(金属は濡れたところにあると成分が溶け出し、白い歯もピンク色の歯ぐきも黒くなっていきます。人によっては金属アレルギーを起こす方もいます。)
・銀歯の下で虫歯が広がる(金属と歯とは密着性が低く、隙間から汚れが入り込み、虫歯になってしまいます。)
・汚れがつきやすい(銀歯の表面は見えない小さな傷が多くあり、その傷の中に細菌が詰まっています。)

*セラミックの詰め物

メリット
・歯に合った白い色で作れるので見た目がキレイ
・歯との密着性が高く、虫歯になりにくい
・金属による歯ぐきへの色移りがない
・表面がつるつるしているので汚れがつきにくい
・金属アレルギーを起こさない

*デメリット
・強いくいしばり、噛み締めによって欠けたり割れたりする可能性がある。(ナイトガードをはめる事で回避する事ができる)
・保険適用でないので費用が高い。
・精密に手作りをしているので、型採りをしてから出来上がりに少し日数がかかる。

 

ざっと書きましたが、こんな感じです。

見た目以外にもこの先の事を考えると断然セラミックがおすすめです。

ただ、金額がとても大きいので、少しずつ治療をしていくことも出来ますのでぜひご相談下さいね。sinbi_inrei

 

 

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:ホワイトニング, 予防歯科, 咬み合わせ・顎関節, 審美歯科, 未分類, 虫歯の治療, 金属アレルギー