汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

カテゴリ: 小児歯科・マタニティ歯科

赤ちゃんの歯について

こんにちは、歯科医師田村です。

こちら汐留はオフィス街ということもあり、お子さんの患者さんがいらっしゃることは少ないのですが、今日は赤ちゃん〜お子さんの歯についてお話したいと思います。

 

歯が作られるには、まず歯の種となる歯胚(しはい)というものが作られます。

歯胚の中に歯のエナメル質や象牙質の細胞の素が少しずつ出来てきます。

まずは歯の頭の部分が作られ、次に歯の根に向かって徐々に作られていきますが、この時に歯の根を作りながら歯がはえ始めてきます。

 

子どものうちは乳歯がはえ、6歳を過ぎる頃に徐々に永久歯にはえ変わっていきますが、それぞれの歯は歯肉の中で着々と作られ、はえる準備を続けています。

すでにお母さんのお腹の中にいる頃から、乳歯の歯胚は作られていきます。

 

まだ歯がはえてきていないから歯磨きはしない、というご家庭の方針もある場合があるかと思いますが、お子さんは歯磨きをするという新しい行為になかなか慣れられない場合も多いです。

口を開けて異物を入れられる、口をこじ開けられたままそれを口の中で動かされる、なんか変な感じのことを一日2−3回される、という未知の行為に慣れてもらうために、まだ歯がはえ始める前からでも慣れてもらうために練習が必要かと思います。

まずはガーゼをお母さんの指に巻いて歯肉を優しく擦る(マッサージ)することから始めましょう。

前歯がはえてきたらストッパーが付いていて柄の短い子ども用歯ブラシを持たせて口の中に自分で入れさせてみる、といった段階を踏んでいきましょう。

その際、お母さんもご自分で歯ブラシを口の中に入れて磨く動作を、お子さんに見せながらやると、うまく真似をしてくれるかもしれません。

 

育児でお忙しいかもしれませんが、日々の根気強い努力と練習が、その後のお子さんのためになります。

ぜひ頑張ってみてください。

 

当院ではお子さんの歯磨きのチェックやクリーニング、歯を強化して虫歯になりにくくするフッ素のお薬塗布なども行っています。

ご自宅での歯磨きの他にも、是非当院で予防処置をされていってはいかがでしょう。

ご希望の方は、どうぞご連絡ください。

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:予防歯科, 小児歯科・マタニティ歯科, 未分類

手づかみ食べの大切さ

 

こんにちは、衛生士の横山です。

 

今日は手づかみ食べの大切さについてお話していきたいと思います。

 

平成19年に発表された「授乳・離乳の支援ガイド」では、子供個人個人の成長や発達に合わせて、離乳食を進めていくことが強調されています。

加えて一歳頃からの食事に、「手づかみ食べ」をより積極的に取り入れてたことが特徴です。

一歳頃から始まる手づかみ食べは、自分で食べる自食のスタートです。それまでは親や大人に食べさせてもらうという受動的な食事ですが、手づかみ食べは、まだスプーンなどの食具が使えない子供にとって、自分で食物を選択し、食べる要求を満たせる唯一の方法です。

食べる意欲を高めて、自分で食べる楽しみを経験させることが出来ます。

汁物や茶碗に入ったご飯まで手づかみ食べをさせる必要はありませんが、野菜の煮物や、ゆで野菜、焼き物、揚げ物などは、手につきにくいので切り方の工夫によって手づかみで食べやすくなります。

まだ不器用ですから、太さや長さをその子が掴める大きさにしてあげることで、手づかみ食べが積極的にできるようになります。

 

食べる事がたのしいことということを覚えるためにも、たくさん手づかみ食べをさせ、色々な物を食べ、顎の発達にもつなげましょう。

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:小児歯科・マタニティ歯科

虫歯の母子感染

こんにちは、歯科衛生士の樋口です。

 

今日は虫歯の母子感染についてお話しします。

 

虫歯は風邪などの病気と同じく、感染症なので人から人へうつります。

 

というのも、気をつけて頂きたいのが大人の方からの小さいお子様への虫歯感染です。

 

虫歯の原因菌(ミュータンス菌等)は、生まれた赤ちゃんのお口の中には存在しません。

 

虫歯菌は硬い組織にしか住むことが出来ないので、赤ちゃんの、歯の萌えていないお口の中では生きて行けないのです。
お口の中に虫歯菌が見付かるのは、だいたい乳歯が萌え始める生後6ヶ月頃からです。
実はミュータンス菌は、赤ちゃんと触れ合う機会の多い家族から、食事中のスプーンの共有や口移し等によって、唾液を介してうつるのです。

 

主にお母さんからの感染が多いので、母子感染と呼ばれています。

 

当然、お母さんのお口の中の衛生状態が悪く、ミュータンス菌が多いほど、より感染し易くなります。

 

特に感染の危険性が高いのが、生後1才7ヶ月から2才7ヶ月の一年間です。

 

この時期は「感染の窓」と呼ばれ、最も注意が必要とされています。

 

この時期にしっかりと感染予防が出来ていると、その後はずっと虫歯菌が感染しにくくなります。

 

そうは言っても、食事の時にかわいいお子様とのスキンシップを控えるというのは、つらい事です。

 

母子感染のルートとして挙げられるのが、食事のときにスプーンやコップを共有したりキスをしたりすること。

 

食器を分け、スキンシップをやめればいいのですが、スキンシップに関しては難しいですよね。

 

そこで重要になるのが、お母さんがきちんと治療・予防に努め、お口から虫歯菌を減らしておくことなのです。

 

大切なお子様を虫歯から守るためにも歯科検診を受診しましょう♪

 

 

akachan_rinyusyoku

 

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:小児歯科・マタニティ歯科, 未分類, 虫歯の治療

子供にフロスは必要??

こんにちは、歯科衛生士の樋口です^^
今週はとても暖かかったのですが、来週からまた寒の戻りで気温がぐっと下がるみたいですね。

 

体調を崩しやすいので十分気をつけて下さいね。

 

さて、今日はお子様のフロスについてお話ししたいと思います。

 

先日、患者様からお子様にもフロスは必要か??と質問がありました。

 

確かに、子供用フロスをあまり見かけないですよね。

 

お子様にもフロスはもちろんしていただきたいです!

 

大切なのは歯からプラーク(歯垢)を確実に取り去ることなのです!

 
しかし、大人でも難しいフロスなのでお子様一人では完璧にできません。

 

 

保護者の方が仕上げにやってあげると良いですね♪
歯ぐきを傷つけないように優しくやってあげましょう。

 

フロスの選び方ですが、特に決まりはありません。

 

持ち手がついているものの方がやりやすいです。

 

 

最近では、キャラクターものや動物のイラストが描かれているものなどたくさんあります。

 

乳幼児・ベビー用品売り場に売られてますのでチェックしてみてください。

 

小さいお子様は歯ブラシ・フロスに慣れてもらう事がまず大切ですが、小学生ぐらいのお子様は、慣れて来たらお子様自身でフロスが出来る様になるといいですね。

 

その際、初めのうちは保護者の方が見てあげてくださいね。

 

 

20140608_472777

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:予防歯科, 小児歯科・マタニティ歯科

お子様の仕上げ磨き

こんにちは、歯科衛生士の樋口です^^

 

昨日今日と暖かくもうすっかり春ですね♪

 

この時期はお子様の歯科検診がある地域もあると思いますが、お子様がいらっしゃる方はお子様の仕上げ磨きはされていますか??
何歳まで仕上げ磨きをしたらいいのかなかなか難しい所ですが、多くの歯医者さんは、第一大臼歯、つまり6歳臼歯が生えきるまではしっかり仕上げ磨きが必要であるとしています。

これは、第一大臼歯の生え始めから虫歯になるケースがとても多いためだそうです。

 

しかし最近では、12歳ごろに生え始める第二大臼歯は、生え始めは背が低いために磨きにくいのでこの時期まで仕上げ磨きが必要だと考える歯科医院もあるそうです。

 

生えたばかりの永久歯は象牙質(ぞうげしつ)がまだ柔らかいため、虫歯になりやすく、進行しやすいと言われています。

 

また、永久歯が生えてくるときは、歯茎に痛みや腫れがあらわれて、きちんと磨けなくなることもあります。

とは言っても小さいお子様はなかなか素直に歯ブラシをさせてくれないですよね。。(^^;)

 

なので、なるべく短時間で終われてしっかり奥歯まで磨ける歯ブラシを選ぶことが大切になってきます。

 

お子様の歯に合った大きさの歯ブラシを選んであげてください。

大きさの目安ですが、これは歯ブラシの毛の長さは子供の指2本分くらいの長さが良いようです。
奥歯を上手に磨くためには、先が細く、ブラシの部分が小さめで、毛の深さが短かく、ネックが細めで弾力のある歯ブラシが良いようです。

一人で磨くようになっても、最初はやっぱりどうしても毛先がすぐに開いてしまうと思います。

そのような時はもったいながらずに、歯茎を傷めてしまう前に新しい物と交換してあげてくださいね。

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:予防歯科, 小児歯科・マタニティ歯科, 未分類

子供の虫歯対策

こんにちは♬

歯科衛生士の加原です。

産まれたての赤ちゃんは虫歯の原因となる虫歯菌を持っていません。

何処から虫歯菌を貰ってしまうかというと、虫歯菌を持っている大人の唾液から感染します。

最も感染しやすい時期は乳歯の生えそろう1歳半〜3歳ぐらい。

やはり、虫歯菌が感染する時期が遅ければ遅い程、虫歯予防につながります。

虫歯菌が感染らないように「子供の口にキスをしない」「大人が使ったスプーンを使用しない」等の

努力をされている方も多くいるかと思います。

特に「大人が使ったスプーンを使用しない」なんて徹底するのは本当に大変。

1歳頃になると子供は大人が食べているものを欲しがって泣き出す事も・・・

その都度スプーンを交換するのは大変だし、そもそも大人が食べた物を与えると、

そこから感染してしまう可能性も高いのです。

大人が食べているものを分けて食べさせてあげるだけでも、

その食べ物に少しは唾液が付いていたりするので感染してしまいます。

熱いものをフーフーして食べさせてあげるだけでも感染してしまいます。

厳密に言えば近くで喋っているだけでも気が付かないだけで唾液が飛んで感染してしまいます。

徹底するのはなかなか難しいようです。

では子供が虫歯になるリスクを減らすにはどうしたら良いのでしょうか?

一緒に生活する上で、虫歯菌の感染を完全に防止する事は難しいですが、

まずは「自分の唾液に含まれる虫歯菌の数を減らす」という努力をしましょう。

特に、お母さんのお口の健康がなによりも大切です。

現在虫歯があるのであれば、しっかり治療する事。

そして歯磨きをしっかりして自分の虫歯菌を減らせば、子供が虫歯になるリスクは軽減されます。

大人がしっかりと口腔内のケアをしていれば子供の歯を大切にするという教育にもなるので、

そこから徹底したほうが良いかと思います。

最も効果があり理想的なのは、妊娠期の母親の口腔ケアからお子様への虫歯予防をスタートさせることです。

将来のお子様のお口の健康の為に、歯科医院にて健康状態を検査しましょう。

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:小児歯科・マタニティ歯科, 未分類

妊娠時の口腔清掃

こんにちは。歯科医師の南です。

妊娠時の歯みがきは、虫歯予防あるいは歯周病(歯周疾患)の予防にとても重要な意味を持っています。

一般的に、妊娠前まではよく歯磨きをしていた人が、妊娠したことによって生活習慣自体が変化して、歯磨きもいい加減になってしまうことがあります。

妊娠中こそ歯、口のお手入れは慎重にしなければなりません。

妊娠中にむし歯や歯周病に罹ってしまいますと、産後は育児に追われて通院することもままならず、重症になってしまうことが考えられるからです。

しかし、妊娠にともなって生じるつわり(悪阻)は、誰でもつらいものですし、臭いや味にも敏感になったりすることから、歯磨きにも努力を要する方も出てきます。

妊娠中の歯磨きで大切なことをいくつかまとめてみますので、是非参考にしてください。

1.つわりのある時は体調のいい時間に

つわりは、朝の起床時や疲れの溜まった夜、あるいは食後につらくなることが多いようです。

吐き気のあるような時に歯を磨くのは、とてもつらいことです。

歯磨きは食べた後が効果的ですが、食べた後の辛いときを避けて、体調のいい時間を見つけることが大切です。リラックスできるお風呂の時間なども利用してみましょう。

2.奥から前へかき出して磨こう

つわりのある場合には、喉に近い場所は特に吐き気を催します。

できるだけ奥歯に歯ブラシを当ててから、前の方にかき出すように歯ブラシを動かしましょう。

3.顔を下に向けてみがこう

歯を磨いた時に喉の方に唾がたまると、その刺激で吐き気が出たりすることがあります。

なるべく喉の方に流れないよう、下を向いて歯磨きをしましょう。

4.香料の強い歯磨き剤を大量に使用しない

妊娠中は、匂いに対して敏感になることがあります。

歯磨き剤の中に含まれている香料の強いものでは、臭いを嗅いだだけで気持ち悪くなることもあります。

できるだけ、香料の強くない歯磨き剤を使用するようにしましょう。

5.歯ブラシは小さめのものを選ぼう

大きな歯ブラシを使いますと、奥歯を磨く時に喉に近い粘膜を刺激することになりかねません。

喉に近い部分に触れますと、吐き気を催すことになりますので、なるべく小さな歯ブラシを使ってみましょう。

6.からだがだるくても頑張ってみよう

妊娠後期になりますと、からだもだるくなって、横になりたいことが多くなり、何事もおっくうになりがちです。

しかし、健康を維持するためには少しの努力は必要です。

将来のことも考えて、歯磨きを省かないように頑張りましょう。

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:コラム, 小児歯科・マタニティ歯科

子供の野菜嫌いと歯の関係

こんにちは歯科衛生士の樋口です^^

 

今日は小さい子供の野菜嫌いと歯の関係についてお話ししたいと思います。

 

子供にとって野菜は食べにくい食べ物です。
それは野菜の性質に、子供の好きな要素が少ないからです。

 

幼児期の嗜好は『生得的嗜好』の要素が強く、甘みやうまみ、口当たりのなめらかな物を好みます。
野菜は甘みがほとんどなく、少し苦い食べ物です。

加えて肉や魚とは違ってうまみも少なく、繊維が多く硬いので口の中でモソモソする事が多いのです。

 

特に、一番奥の第二乳臼歯という歯が生えていない2〜3歳児は、レタスやほうれん草など、ぺらぺらと薄いのでうまく噛み切れず食べられない場合も多いのです。

このようにうまく食べられない事を、嫌いなのだと親が思い込み、食卓に出さなかったりすると、味覚が形成される幼児期に食べる経験が積まれず本当に嫌いになってしまう可能性もあります。

 

そうではなく、ただうまく食べられないだけなのです。

 

野菜料理の場合は、少し柔らかめに茹でたり煮たりして野菜の甘みを引き出して、調味料で甘みを加えた味付けにする工夫が必要です。

 

また、生野菜サラダは食べにくいので、子供の嫌いな酸味をなるべく減らし、食べやすく切ったり茹で軟らかくします。

また、ごま和えにしても食べやすくなります。

 

特に、硬い根菜などの野菜は、よく噛むことによって歯垢を歯から引き剥がすことができ、さらに噛み砕くことにより唾液の分泌も多くなりますので、口腔内の自浄作用が高まります。

 

子供が野菜が好きになって健康に育つためには、「ちょっとした工夫」と「一手間」が大切です。

A cute little girl looks in disgust at her plate of vegetables 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:コラム, 予防歯科, 小児歯科・マタニティ歯科, 未分類, 虫歯の治療

妊娠時の口の中の変化を知ろう(4)

 

こんにちは。歯科医師の南です。

 

 

(間食の回数や嗜好の変化)

 

つわり(悪阻)などがひどく、なかなか3度の食事も思うように摂れないときや、おなかが大きくなって、胃が圧迫されるせいかあまり一度に食べられないなどで、それを補おうと間食の回数が増えたりすることもあります。

満腹感を感じず、おなかも異常に減ったりする人もいるようです。

赤ちゃんの分も含め、ある程度の栄養は摂らねば困りますが、かといって必要以上に摂るとそれはそれで、中毒症や肥満などにつながり、出産にも差し障りが出てきます。

注意してください。

 

 

また、酸っぱいものばかりを好むようになったり、お芋ばかり食べたくなったり、嗜好も変化することが多いようです。

 

飲食をすると、口の中は酸性に傾きます。

特に甘いものは酸性度が低くなり、むし歯(齲蝕)にもなりやすくなります。

 

上手に食べ、ケアを忘れずに、ご注意ください。

また、あまりにも偏った嗜好は栄養のバランスも心配になります。

いろいろ食べてみて、チャレンジしてみましょう。

 

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:小児歯科・マタニティ歯科

妊娠時の口の中の変化を知ろう(3)

 

こんにちは。歯科医師の南です。

 

 

(歯ぐきからの出血)

 

妊娠中は口の中が汚れやすくなるだけではなく、ホルモンの変化により、妊娠性歯肉炎など、歯ぐき(歯肉)が腫れやすくなります。

腫れている歯ぐきを何気なく磨くと、歯ぐきを傷つけ、出血してしまいます。

かといって、汚れたままにしておくと、かえってひどくなり、さわれなくなったりもします。

 

軟らかめのブラシを用意し、鏡を見ながらていねいに、腫れているところを傷つけないよう、軽く、痛くない程度に磨いて汚れを落としてください。

ていねいに磨いていると、一週間から二週間程度で出血しなくなってきます。

腫れもだんだんひいてきます。

鏡を見ながら、的確に磨くのがコツです。

 

 

あまりにひどいときは、こじらす前に歯科医院を受診してください。

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:小児歯科・マタニティ歯科