汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

カテゴリ: 審美歯科

歯ブラシの交換目安

 

こんにちは、衛生士の横山です。

今日は、皆さんが毎日お使いになる歯ブラシの交換期間について

お話していきたいと思います。

 

皆さんは、歯ブラシをどのくらいの期間使用し続けていますか?

気付いたら、何ヶ月も使用し続けているなんてことはありませんか?

基本的な歯ブラシの交換目安は一ヶ月です。

歯ブラシの種類やそれぞれのブラッシング圧によっても交換時期は異なってきます。

 

歯ブラシを背中から見たときに、少しでもブラシの毛が広がっていたりしたら

交換時期です。広がってからでは、遅いくらいです。

歯ブラシが古くなってくると毛が萎えてきてしまい磨いていても磨けていない状態になってしまいます。

それでは、せっかく丁寧に磨いていても意味がありません。

綺麗に磨くためにも、歯ブラシの交換時期を見直してみましょう。

 

 

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:審美歯科

ホワイトニングはあなたの人生に何をもたらすのか?

 

こんにちは、歯科医師の南です。

 

ホワイトニングによって、口の中が白くなると、今まで以上に鏡を見る回数が多くなります。

自分の歯を見るのが楽しくなるのです。

それまでは鏡に向かってニッと歯を見せて、しみじみと歯や口の中を眺める事はなかったのではないでしょうか?

もしかすると、無意識に「そこは見ないでおくことにしよう」と避けていたのかもしれません。

 

歯が白くなる事によって今まで以上に自分の口の中に関心を持つようになり、虫歯や歯周病に対して注意深くなります。

普段なら見逃してしまうような微妙な変化に気づくようになり、それは早期の虫歯発見もつながります。

 

また、白さをキープするために毎日ていねいなブラッシングを心がけるようになり、それが口の中全体の健康を増進させます。

 

口元に自信が持てれば、それが仕事への自信に発展し、商談や交渉時にも気後れすることなく臨む事ができます。

 

物事に対し積極的に取り組むようになれれば、なりたい自分に一歩一歩近づくのが実感されます。

 

 

「白い歯を手にいれた」ということは「素敵な笑顔を手にいれた」と同義語です。

歯に自信がなかった時は人前では会心の笑顔が作れなかったはずです。

でもこれからは大いに堂々と笑顔を見せる事ができます。

表情が豊かになり、相手が感じる印象が180度変化します。

 

是非歯科医を味方に付けてください。

何かあればすぐに相談に乗ってくれるような関係づくりが、良い歯をキープするために大きな財産となります。

今日から20年後、ずっと歯科医と良い関係を気づけてきた人と、虫歯や歯周病がひどくなってから歯科に罹り、何本も歯を失ってしまった人とでは、人生の楽しみ方に格段の差が出てしまうのではないでしょうか?

歯は臓器です。

歯を一本失うという事は、臓器をひとつ失うことと同じなのです。

 

歯のホワイトニングは、あなたが成長する土台となり、これから豊かな人生を送る事ができる礎だと考えていただければ。

 

是非、自信に満ちた素敵な笑顔を手にいれてください。

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:コラム, ホワイトニング, 審美歯科

歯科医はあなたの味方!

 

こんにちは、歯科医師の南です。

 

良い歯科医は怒りません。

 

歯医者さんはあなたの味方、良き相談相手です。

歯が汚れて、痛くなって、問題が起こった時に助けてくれるのが歯科医です。

 

歯科嫌いの理由は「怖い」「痛い」という子どもの時の体験が頭の中にしっかりと根付き、それがトラウマになって歯科に足を向けられなくなっている、そんな人が多いと思います。

でも、先入観を捨てて歯科医は歯の悩みを何でも解決してくれる「歯のカウンセラー」だと思ってください。

歯に関する疑問、質問、悩みがあるなら、一番歯に詳しい歯科医に聞くのが問題解決の近道です。

 

良い先生は「何故こんなになるまで、放っておいた」などと、突き放したいい方はしないはずで、熱心に耳を傾け納得いくまで説明してくれますし、正しいオーラルケアも教えてくれます。

最近の日本の歯科は清潔で患者さんがリラックスできるようなさまざまな工夫を凝らしています。

この恵まれた環境を上手に使ってください。

 

「歯や口の健康を保つために虫歯などのトラブルがなくても歯科に行く習慣がある」

アメリカ男性76%に対し、日本人男性はたったの36%

「歯をきれいに保つためにお金や時間をかけてもいい」

アメリカ男性86%に対し、日本人男性は43%

 

日本には健康保険という国民のための素晴らしいシステムがあり、歯の治療も他国に比べて低額で、誰もが平等に治療を受けることができます。

コンビニエンスストアよりも数が多く、東京ではすぐその角を曲がれば歯科医院を見つけることができます。

それなのに、トラブルが起きた時にしか行かない。

口元に無頓着な日本人に外国人は首を傾けます。

あまりに環境が良すぎて、「悪くなったらいつでも行けるから」と甘えてるのではないでしょうか?

 

アメリカでは初診料+チェックアップ+歯のクリーニングで2万円ほどの費用が自費でかかります。

そのためプライベートの歯科保険に加入します。

加入料を払えない人は高い治療費を毎回払うか、治療をしたくても出来ない状態のままでいるしかありません。

 

それに比べて日本の場合は健康保険でだいたいの人が3割負担で済み、初診時に3000円ぐらいの費用で治療が受けられます。

仕事が忙しいあなたも「ちょっと歯科に立ち寄り、歯のクリーニングをしてリフレッシュしてきます」という習慣をマイブームにしませんか?

 

単なる外見的な美しさだけでなく、歯科医療の延長線上で「健康」「機能」「精神的充足」を追求するのが審美歯科治療の目標であります。

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:コラム, 審美歯科

5月病と歯の関係

こんにちは、歯科衛生士の樋口です^^

 

新生活がスタートしたと思ったらもう5月半ばですね。

多くの方が新しい環境に慣れてきた時期なのではないでしょうか。

はりきって毎日を過ごしているうちは、からだに溜まった疲れを感じにくいものです。

 

ですが、だんだん落ち着いてきた頃に、溜まっていた疲れがどっと押し寄せてきます。

それが「五月病」と言われるものですね。

 

5月は、無気力や食欲不振、不眠など体の不調を訴える人が多い季節なのです。

 

 

①歯周病

実は、この時期は「歯周病」になる人が多くなるのだそうです。

 

食欲不振になったり倦怠感におそわれたりする時期は、体の抵抗力も落ちています。

 

また、体調が悪いときは唾液の分泌も少なくなり、それに伴い歯の再石灰化や洗浄作用といった機能が低下してしまいます。

 

歯周病は細菌の感染によって引き起こされる病気ですので、からだが弱っているこの時期に感染も進みやすくなってしまうのです。

 

②歯ぎしり

五月病による体調不良は、自律神経の乱れが関係しています。

 

また、自律神経が乱れると、私たちはストレスを感じやすくなります。

 

そのストレスによる厄介な症状のひとつが、歯ぎしりです。

 

歯ぎしりによって健康的な歯が一時的に横方向に揺らされてしまった場合、歯に余計な負担がかかって歯を傷つける危険があります。

 

また、ストレスで神経も過敏状態になるので、歯の痛みが生じるケースも考えられます。

 

そうなる前に”ナイトガード”という歯にはめるマウスピースの様な物を使って歯をストレスから守ってあげましょう。

 

 

③噛み合わせ

ひとはストレスを受けると、無意識に歯を噛みしめてしまうことがあります。

 

そして、噛みしめや食いしばりの回数が特に多いのが、睡眠中です。

 

寝ている間に長時間にわたって歯に過剰な力が加わることで、噛み合わせが悪くなる上に、エナメル質が摩耗されて知覚過敏を引き起こしてしまう場合もあります。

 

さらに、噛み合わせが悪くなると、そのせいでまたストレスを招くという悪循環に陥ることも少なくありません。

 

しかも、寝ている間に無意識のうちに悪化してしまうものなので、原因に気付きにくい点が非常に厄介です。

 

 

 

④黄ばみ・汚れ付着

ストレスで唾液の分泌量が低下すると、歯の色にも悪影響を及ぼすことがあります。

 

唾液の力が弱まることで口腔内の洗浄作用が落ち細菌が増殖するので、歯の表面に汚れが付着しやすくなるのです。

 

その黄ばみが蓄積されると、歯磨きだけでは落とせない頑固な汚れが定着してしまいます。

 

歯が黄ばんでいると、ニッコリ笑ってもあまり健康的に見えませんよね。

 

クリーニングでは改善されない歯の黄ばみはホワイトニングをして白い歯を手に入れましょう♪

 

 

 

次に、五月病のダメージを受けない、健康な口内環境をつくるためのポイントをご紹介します。

 

 

 

☆よく噛んで食べる習慣をつける

口腔内の洗浄作用に大きく影響するのは、やはり唾液です。

 

唾液が少なくなると細菌が増殖し、虫歯や歯周病、歯の表面への汚れの付着等が進んでしまいます。

 

ものを食べる際によく噛むことで、唾液の分泌を促進することができます。

 

ストレスが溜まると、早食いをしてしまいがちです。

 

忙しくても食事の時間はしっかり確保し、ゆっくりとよく噛んで食べ、口の中が乾かないよう意識しましょう。

 

 

☆自律神経を整える

「どうも疲れが取れない」「最近イライラする」「あまり眠れない」などからだの不調を感じたら、自律神経が乱れているというサインかもしれません。

 

からだを温めて新陳代謝を上げ、副交感神経が優位になる時間をつくりましょう。

 

6月には梅雨の時期に入りますが、疲れをためない様にお休みの日にはゆっくりと休んで気持ちを切り替えて行きましょう♪

 

 

ec4fbaf237a16b81fd656a7ae3c2e017

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:予防歯科, 口臭, 審美歯科, 歯周病治療

セラミックと金属の詰め物について

こんにちは、歯科衛生士の樋口です^^

 

今日はセラミックの詰め物についてお話ししたいと思います。

 

急に詰め物が取れてしまったり、虫歯の治療を終え、詰め物の種類を何の素材にしようか悩んでしまう方が多いと思います。

 

セラミックは保険治療の範囲ではないので金額的にもなかなか簡単に手が出せないと思います。

 

見た目が白い方がもちろん良いのですが、その他にどんなメリットがあるのか?普通の保険の銀歯でも噛めるんじゃないか?等々いろんな疑問が出てくると思います。

今日はそのあたりの疑問を少しクリアにしていきたいと思います。

 

*金属の詰め物

メリット
・保険適用なので安価でできる。
・型採りをしてから出来上がりまで短い期間でできる。

デメリット
・口の中で目立つ
・虫歯になりやすい(歯の磨き方が悪いのではなく、銀歯が劣化することによって起こって歯とのすき間からむし歯になってしまいます。)
・歯ぐきが黒くなる(金属は濡れたところにあると成分が溶け出し、白い歯もピンク色の歯ぐきも黒くなっていきます。人によっては金属アレルギーを起こす方もいます。)
・銀歯の下で虫歯が広がる(金属と歯とは密着性が低く、隙間から汚れが入り込み、虫歯になってしまいます。)
・汚れがつきやすい(銀歯の表面は見えない小さな傷が多くあり、その傷の中に細菌が詰まっています。)

*セラミックの詰め物

メリット
・歯に合った白い色で作れるので見た目がキレイ
・歯との密着性が高く、虫歯になりにくい
・金属による歯ぐきへの色移りがない
・表面がつるつるしているので汚れがつきにくい
・金属アレルギーを起こさない

*デメリット
・強いくいしばり、噛み締めによって欠けたり割れたりする可能性がある。(ナイトガードをはめる事で回避する事ができる)
・保険適用でないので費用が高い。
・精密に手作りをしているので、型採りをしてから出来上がりに少し日数がかかる。

 

ざっと書きましたが、こんな感じです。

見た目以外にもこの先の事を考えると断然セラミックがおすすめです。

ただ、金額がとても大きいので、少しずつ治療をしていくことも出来ますのでぜひご相談下さいね。sinbi_inrei

 

 

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:ホワイトニング, 予防歯科, 咬み合わせ・顎関節, 審美歯科, 未分類, 虫歯の治療, 金属アレルギー

着色(ステイン)について

こんにちは、歯科衛生の樋口です^^

今日は歯の着色(ステイン)についてお話したいと思います。

お茶やコーヒー、ワインなどの色の濃い飲み物でステインがついてしまうことはみなさんご存知かと思いますが、意外な食べ物からも実はステインが着くのです!

・ブルーベリーやブドウ、プルーン
………..これらに含まれるアントシアニンという成分は、濃い赤紫色の色素で目に良い物質としても有名です。
この濃い赤紫色が歯に着色するとステインになります。

・ほうれん草等の緑黄色野菜
……….緑黄色野菜にも緑茶などと同じようにカテキンが多く含まれていますから、着色汚れの原因になります。
緑黄色野菜そのものだけでなく、これを使った野菜ジュースなども同様です。

・玉ねぎやネギ、にんにくやエシャロット
……….これらに含まれているイオウ成分は、独特の刺激や辛味の元になる成分ですが、ステインになりやすい物質でもあります。
また、これらの食品に含まれるビタミンと相まって、ステインとして着色しやすい特徴があります。

・バナナ、りんご、ぶどう、柿などの果物
……….バナナや柿に含まれる渋みもお茶と同じタンニンという成分です。
タンニンとは「茶渋」「ワイン渋」「渋柿」などの「渋」の成分で、高い抗酸化作用がある「ポリフェノール」の一種です。
独特の味わいのもとでもあります。
しかし、タンニンはステインのもとになりやすい物質なので注意が必要。

・豆腐などの大豆製品
…………大豆に含まれるイソフラボンはポリフェノールの一種で、普段は豆腐、納豆、豆乳などに含まれる大豆イソフラボンが多くなります。
更年期障害や婦人病、骨粗しょう症の改善に効果的なイソフラボンも、ステインの原因になりやすい成分です。

・ビタミンB群を含む食品
…………ビタミンの中には色を持つものがあり、代表的なのがビタミンB群。
ビタミンB2は強い黄色、ビタミンB12はピンク色などの色味を持っているため、ビタミンB群を多く含む食品やサプリメントから、ステインになることも考えられます。

この他、チョコレートやココアに含まれるカカオマスポリフェノールや、お茶に含まれるカテキンなどもステインの原因になります。
健康によい食べ物として有名なものばかりですが、歯のホワイトニングを目指すときには、十分なケアを心がけたいですね。

歯にステインが付着してしまうからと言って、これらの食べ物を避けていたのでは、健康面や美容面にもマイナスの影響が出てしまいます。
これらの食品を食べないのではなく、食べたら歯磨きするという習慣をつければ、ヘルシーな食生活をしながら白い歯もキープすることができますね♪

野菜とフルーツ

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:ホワイトニング, 審美歯科, 未分類

オールセラミックの治療とは?

 

こんにちは。歯科医師の南です。

 

 

ほんの数年前まで、前歯の自費治療のクラウンと言えば、金属で作ったフレームの上にセラミックを焼き付けて外側を白くしてある金属の焼き付け冠「メタルボンドクラウン」が主流でした。

 

というのも、同じ頃、前歯の自費治療のもう一つの選択肢であったポーセレンジャケットクラウンは、メタルフリーで透明感があり非常に美しいという利点がある一方、割れやすいという決定的なデメリットがあったのです。

結果的に、透明感はなくともセラミックの光沢を備え、しかもしなやかに噛む力を受け止めて丈夫なメタルボンドクラウンが、圧倒的に選ばれ使われていました。

 

 

ただ、このような優れた性格をもつメタルボンドクラウンにも、金属を使っているがゆえの弱点があります。

クラウンを歯に被せる時、その継ぎ目は歯ぐきの溝に隠すのですが、時間の経過とともに患者さんの歯ぐきがやせると、その継ぎ目が外に見えるようになり、金属フレームの色が目立ってしまうのです。

また、金属イオンが溶出し、歯や歯ぐきを黒くしてしまうこともあります。

金属フレームを使った古いクラウンにはこうした経年変化がつきもので、これにお悩みの患者さんは多いのではないでしょうか。

 

 

 

むし歯になっているわけでもなく、純粋に審美的な問題できれいなクラウンに変えたい、という患者さんにとって、少し前まで、治療のやり替えはかなりハードルの高いものでした。

 

というのも、その頃、きれいな前歯を作るための選択肢は2つしかなく、ひとつが、美しさは折り紙付きながら割れやすいオールセラミッククラウン、もう一つは金属を使うメタルボンドクラウンを新しく入れることだったからです。

 

しかし、現在では、審美性と耐久性を兼ね備えた新素材の「オールセラミッククラウン」が誕生し、課題だったデメリットが解消されました。

それにつれ、治療のやり替えに積極的な患者さんも増えています。

私たち歯科医師としても、審美治療をご希望の患者さんに、デメリットの少ない選択肢をご提供できることは嬉しい限りです。

 

ただ、治療のやり替えが可能かどうかは、クラウンがよくお手入れされ、歯根が健康で歯質が十分に残っているかどうかにかかっています。

 

 

私たちクリニックでも多くの患者様の審美的な治療を提供しています。

もし、少しでも気になるようなことがあれば、是非相談してくださいね!

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:審美歯科

白い歯が与える影響とは?

 

こんにちは。歯科医師の南です。

 

人との会話の中で無意識に見てしまうのが、相手の口元と言われています。

人は話している人の口元に必ず目線が行く、つまり話している時には「歯」を見られているという事になります。

 

女性の美しさには「清潔感の法則」というものがあります。

それは歯で言うならば、本来白くあるべき部分が、くすんだり黄ばみを帯びていると、一気に清潔感が失われてしまうという事になるのです。

 

白い歯が与える効果として、顔が明るく見える、肌の色を明るく見せる、若々しく見える、活発で清潔に見えるなど様々な効果が挙げられます。

 

第一印象はもちろんのこと、さまざまなシーンで、あなたの「白く輝く笑顔」は自分自身の最大限の魅力を引き出してくれる事だと思います。

 

o04000360imagephpimage_uid00005355w400

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春ももうすぐそこまできている今、ホワイトニングをして自分自身の歯に自信をもって、ますます素敵な笑顔を手にいれましょう!

 

オリオン歯科一同お待ちしております。

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:審美歯科

白い歯を保つためのケア

こんにちは♪

歯科衛生士の加原です。

 

歯科医院でクリーニングを行い白くキレイな歯になっても、

しばらくすると茶渋のどの茶色の着色汚れが気になりませんか?

これはステインと呼ばれるもので、紅茶やコーヒー、赤ワインなどの色素や、

タバコのヤニなどが歯の表面のペリクル(唾液成分でできた白い膜)に

取り込まれ蓄積されたものです。

 

白い歯を長く保つためには、お口の中を着色しにくい環境に整え、

ステインの沈着を予防するための日々のケアが必要です。

 

①歯磨きには、ステインの着色に効果がある美白研磨剤の使用をおすすめします。

②着色しやすい飲食物などはなるべく控えるように意識し、

摂取後は丁寧に歯磨きをするようにしましょう。

③定期的な歯科医院でのメインテナンスを行い、歯垢やステインの除去と

歯の表面を磨くクリーニングを行うようにしましょう。

 

オリオン歯科一同お待ちしております。

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:審美歯科