汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

カテゴリ: 予防歯科

赤ちゃんの歯について

こんにちは、歯科医師田村です。

こちら汐留はオフィス街ということもあり、お子さんの患者さんがいらっしゃることは少ないのですが、今日は赤ちゃん〜お子さんの歯についてお話したいと思います。

 

歯が作られるには、まず歯の種となる歯胚(しはい)というものが作られます。

歯胚の中に歯のエナメル質や象牙質の細胞の素が少しずつ出来てきます。

まずは歯の頭の部分が作られ、次に歯の根に向かって徐々に作られていきますが、この時に歯の根を作りながら歯がはえ始めてきます。

 

子どものうちは乳歯がはえ、6歳を過ぎる頃に徐々に永久歯にはえ変わっていきますが、それぞれの歯は歯肉の中で着々と作られ、はえる準備を続けています。

すでにお母さんのお腹の中にいる頃から、乳歯の歯胚は作られていきます。

 

まだ歯がはえてきていないから歯磨きはしない、というご家庭の方針もある場合があるかと思いますが、お子さんは歯磨きをするという新しい行為になかなか慣れられない場合も多いです。

口を開けて異物を入れられる、口をこじ開けられたままそれを口の中で動かされる、なんか変な感じのことを一日2−3回される、という未知の行為に慣れてもらうために、まだ歯がはえ始める前からでも慣れてもらうために練習が必要かと思います。

まずはガーゼをお母さんの指に巻いて歯肉を優しく擦る(マッサージ)することから始めましょう。

前歯がはえてきたらストッパーが付いていて柄の短い子ども用歯ブラシを持たせて口の中に自分で入れさせてみる、といった段階を踏んでいきましょう。

その際、お母さんもご自分で歯ブラシを口の中に入れて磨く動作を、お子さんに見せながらやると、うまく真似をしてくれるかもしれません。

 

育児でお忙しいかもしれませんが、日々の根気強い努力と練習が、その後のお子さんのためになります。

ぜひ頑張ってみてください。

 

当院ではお子さんの歯磨きのチェックやクリーニング、歯を強化して虫歯になりにくくするフッ素のお薬塗布なども行っています。

ご自宅での歯磨きの他にも、是非当院で予防処置をされていってはいかがでしょう。

ご希望の方は、どうぞご連絡ください。

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:予防歯科, 小児歯科・マタニティ歯科, 未分類

自宅で出来る歯のケアだけでは綺麗にならない!

 

こんにちは、歯科医師の南です。

 

虫歯や歯周病は初期の段階ではそれほど自覚症状が出てきません。

でも、特に痛みがなくても、歯の状態を確認することを習慣づけてください。

最終目標は一生自分の歯で食事が出来ることです。

 

もし、治療が必要になっても、定期的に歯科で予防していれば、早期発見でき歯のダメージも費用も時間も格段に少なくてすみます。

 

特に歯科とはもう何十年も無縁で、自分は虫歯になりにくいと考えている人こそ気をつけなければならないのです。

虫歯には無縁だったかもしれませんが、「サイレントディジーズ(静かな病気)」歯周病がじわじわと進行している可能性があります。

痛みがなく進んでいく歯周病の場合、気づいた時にはかなり悪化していることも多いのです。

 

まず、自分の歯をチェックしてみてください。

自己チェックすることで歯に対する意識も自ずと高まります。

『あ、これはまずい」と思った人が多いのではないでしょうか?

歯のケアは大まかにいって、次のステップによって行ってください。

 

1、予防のための3〜6ヶ月ごとの定期的な歯科でのチェック。歯のクリーニングの習慣を自分に義務づける。

2、自宅での正しいセルフケアをはじめる(歯科で正しいケアの方法は教えてもらえます)。3〜6ヶ月ごとの歯科でのケアも忘れずに!

3、ホワイトニングでより輝く歯にステップアップ(独自で突き進まないように。その人に適したやり方があるので歯科医に相談しましょう)

 

巷には様々な種類のセルフケアグッズが出回っています。

でも間違った使い方をすると大事な歯を傷つけてしまう危険性もあります。

残念ながら自分で100%完璧にケアするのは難しく、相当に頑張っても80%が限界でしょう。

つまり、プロフェッショナルによるケアがどうしても必要になってくるのです。

 

ネット通販などで手にすることができるオーラルキットは、歯を綺麗にする薬剤、歯のマニキュア、口臭が消える歯磨き粉、口臭予防ガムなど多岐にわたります。

しかし、それらを使用して一見綺麗になったように見えても、根本的な「病気」の部分は改善されていませんから、一時しのぎでしかありません。

ガムで口臭を消しても根本を治さない限りいつまでも口臭はつきまとってきます。

 

たとえば、新築の家を建てるとき、一番大切なのは基礎工事、つまり土台をしっかり造りこむことであることは皆さんもご存知だと思います。

土台造りに一番手間と時間をかけます。

そのしっかりした土台に家を建て、初めて頑丈で長持ちし、外からの力(風や雨)にも屈しない建造物となるのです。

 

歯も全く同じで、痛んで弱くなっている土台(歯ぐき)に、これまた汚れがこびりつき痛みのある家(歯)の表面をいくら綺麗にメンテナンスしても、しばらくすればメンテナンス部分が剥がれ、グラグラした土台が露になり、もとの状態に戻ってしまいます。

 

ですからまずは、土台や家をプロに診てもらってしっかり修繕し、その上でホワイトニングなどのケアを行わなければ意味がないのです。

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:コラム, 予防歯科

口内炎の治し方

こんにちは、衛生士の横山です。

 

今日は口内炎の早い治し方についてご紹介します。

このような、記載がありました。

口内炎を早く治す方法

 1日8時間の睡眠

口内炎は体の抵抗力が低下した時にできます。多くの場合、睡眠不足や疲労が原因です。まず、睡眠を取ることで体の抵抗力を回復させます。1日8時間の睡眠を3日間行ってみてください。体の中の抵抗力が改善し、口内炎の痛みが取れてくるはずです。

 1日4回の口内炎の薬を付ける

ケナログなどの口内炎の薬を歯茎に毎食後と寝る前に1日4回適切に使ってください。口内炎の薬は口内炎を覆うように使うため薬を使うだけで痛みが軽減します。市販で多くの口内炎の薬が販売されているので、自宅に常備しておくのもいいでしょう。

 1日3回食後のビタミンB2の補給

口内炎はビタミンB2やビタミンCの不足によって起こりやすくなります。食事からビタミンB2を取るにはレバーや青魚などに多く含まれます。しかし、歯茎に口内炎があると食事も取りにくくなるため、サプリメントで補給してください。簡単な食事でもいいので食後30以内にサプリメントを補給することによって、胃や腸が活性化していて、吸収率も高くなります。

1日3回の丁寧な歯磨き

口の中は多くの細菌が存在します。歯茎にできた傷に口の中の細菌が感染して口内炎ができます。1日3回毎食後、丁寧な歯磨きをすることによって歯茎の口内炎の痛みを治すことができます。特にデンタルフロスや舌ブラシにも口の中の細菌を減らすには効果的な方法です。

 1日3回の食事の時、刺激物を避ける

歯茎の口内炎の痛みを減らすには刺激を避けることが必要です。1日3回のバランスのよい食事をしてください。ただし、口内炎が痛くて食事が取れない方はヴィダーインゼリーなど高カロリーのゼリーで体力の回復を行ってください。口内炎の痛みが軽減してきたらビタミンが多く含まれる食事をしてください。

 

基本的に口内炎は、疲れている時や風邪を引いているときなど、抵抗力が下がっている時にできます。

口腔内が不衛生な状態だと、出来やすく、また治りにくいです。

歯ブラシは細菌が多く付着しています。

その歯ブラシを長期間使う こともよくありません。

歯並びが原因で繰り返す場合もあります。

口内炎が出来てからの対策ももちろんですが、まず出来ないに日頃から心がけましょう。

 

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:予防歯科

まずはどの『硬さ』がいいのかを決める

 

こんにちは、歯科医師の南です。

 

歯ブラシを選ぶ上でまずはじめにチェックするポイントは、「歯ブラシの硬さ」です。

用途によっていろいろな硬さがありますが、どうしても力を入れすぎてしまう傾向にありますので、一般のビジネスパーソンの日常のブラッシングには、中くらいの硬さから柔らかめが良いかと思います。

 

特に毛先は歯周ポケットまで届くようにフラットのものよりも先端部分が細くなっていて、かつ、よれにくいものを選んでください。

 

硬すぎると歯をこするだけで、歯肉へのアプローチが痛くてできなくなります。

 

特に「歯や歯ぐきが痛む」「しみる」「歯ぐきが腫れている」「出血がある」人は硬い歯ブラシはNGです。

 

中には歯質がとても強固で歯肉もかなり厚く出血したことがない人もいて、そういう人はエクストラハードなどと表示されている「硬め」をよく使っていますが、やはり細かい部分を磨くのには適していないと思われます。

 

ミディアムハードまたはミディアムソフトと位置づけされている「やや硬め、中ぐらい」の歯ブラシは、歯と歯ぐきが健康に保たれていて歯肉がまったく下がっていない人が使用するに適した硬さです。

 

さらに少し柔らかめのソフト、スーパーソフトなどと表示をされている歯ブラシは、一日3回、しっかりと時間をかけて歯磨きが出来る人向きです。

歯肉の質が柔らかめの人、たまに出血する人、歯肉にわずかな腫れが認められる人にも向いています。

 

そして最もやわらかいエクストラスーパーソフトなどと分類されるかなり柔らかめの歯ブラシを使う場合は、痛みやしみが日常的になっている状態の時や、歯肉を触ると腫れていて痛みを感じるなど「口の中が明らかに痛んでるとき」に使用する歯ブラシです。

硬い歯ブラシでゴシゴシすれば歯肉が鍛えられるというのは誤りです。

かえって知覚過敏を引き起こしたり歯ぐきが下がってしまうこともあることを覚えていてください。

 

私は、患者さんには細かな部分まで毛先が浸透する中ぐらいから柔らかめのブラシを使って、ブラッシングの指導を行います。

最初は少し柔らかいなと感じるかもしれませんが、慣れればさまざまな角度に対応でき、きめ細かなブラッシングが出来るようになります。

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:予防歯科

汚れた歯ブラシを使っていませんか?

こんにちは。受付の浅妻です♪

 

皆さんの歯ブラシは清潔ですか?

 

上手な歯磨き法は知っていても、歯ブラシを清潔に保つ保管法を知らない人は多いのではないでしょうか。

英国マンチェスター大学の調査によると、歯ブラシに付着している細菌の数は1億個以上で、ブドウ球菌なども含まれているのだとか・・・。

 

毎日使っている歯ブラシは想像以上に汚れているのです。

汚れた歯ブラシを放置すれば細菌が歯ブラシ上で繁殖し、それを使って歯磨きをすると口腔内の細菌のバランスが崩れ、歯周病や虫歯などのトラブルを引き起こしかねません。

また、新たな種類の細菌を侵入させることで、食中毒など感染症を引き起こす可能性も出てきます。

肺炎や動脈硬化、がんなどあらゆる病気の背景には感染症があると考えられています。

 

では、使用中の歯ブラシはどう保管すればいいのでしょうか?
♦歯ブラシを徹底的に乾かすこと

使用後にティッシュで拭いたり、水切りして風通しの良い場所に置きましょう。

ただし、直射日光や熱湯で ”殺菌 “するのはNGです。

 

♦洗口液つけて軽く洗う

歯ブラシを使用前と使用後に洗口液につけることで細菌数を減らせます。

 

せっかくの歯みがきがムダにならないよう、キレイな歯ブラシを使いましょう♪

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:予防歯科

なぜ歯を磨く必要があるのか?

 

こんにちは、歯科医師の南です。

 

 

今までブログに書き続けているように、『虫歯や歯周病の恐ろしさ』『汚れている口元は人に不快感を与える』、そうです、歯の病気にならないため、それと美しく健康的な歯を維持していくため。

その2点に尽きます。

 

口腔内常在菌のひとつにミュータンス菌がありますが、この菌は食物中の糖分を栄養にして繁殖し、ネバネバしたデキストランという物質を作り歯の表面に付着させます。

その中に色々な細菌がすみつきそれが歯垢となります。

通常の食生活において、糖質を口に入れないということはまずありえませんので、歯垢が出来てしまうのは仕方がありません。

歯に付着した歯垢は歯磨きでしか取れないのです。

また、歯垢だけではなく歯の汚れとなる「茶渋」であるステインも着色性の食品を摂ると付着しますこれが歯の汚れの原因となります。

「歯垢とステイン」この2つを除去することが歯磨きの主な目的となります。

 

ある医療施設で人間ドッグの受診者1万人に対して調査を行ったところ、肥満を抑えた要因の一つに「毎食後すぐの歯磨きの習慣」があったそうです。

食後の歯磨きを自分に課すことによって、「だらだら食べ」や「寝る前のちょい飲み、ちょい食べ」をやめるようになり、その結果、体重が減少したというのです。

確かに夕食の後すぐに歯磨きをすれば「せっかく綺麗にした歯を汚したくない』という気持ちが生まれることは理解できますよね。

それに歯磨きをすると一旦食欲は落ちます。

歯磨きを習慣づけることで「だらだら食べ」をストップさせ、その結果体重の減少が図れるのです。

 

また、脳が疲れた後にする歯磨きは脳を活性化させ、集中力を高めたり気分をリフレッシュする効果があることも研究で立証されています。

単純な計算作業を20分した後に歯磨きをするグループとしないグループにわけた際、歯磨きをしたグループはしないグループに比べ、明らかに脳が疲労回復していることがわかったそうです。

昼休みに歯磨きをすると、口の中がスッキリするだけではなく、頭もスッキリするというわけです。

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:コラム, 予防歯科, 口臭

自分に合う歯ブラシは?

こんにちは。受付の浅妻です♪
今回は歯ブラシについてお話します。
歯ブラシは、口や歯の大きさや、みがきたい部位に合わせて、歯並び、ヘッドの幅や長さ、形状に多くの種類があります。
毛のかたさの多くは「ふつう」ですが「やわらかめ」や「かため」もあるので、歯や歯ぐきの状態などによって選びましょう。
またハンドルは、握りやすさや動かしやすさなど、握ったときの好みのフィット感に合わせて選ぶといいでしょう。
★毛のかたさについて
多くは「ふつう」ですが、「やわらかめ」「かため」の3種類に分類されています。
「ふつう」は一般的なかたさで効率よく歯垢を除去。
「やわらかめ」は、歯ぐきから出血がみられる人でも優しくみがくことができます。
また、しっかりしたみがき心地が好きな人には「かため」がありますが、歯ぐきをいためないよう力の入れすぎなどに注意しましょう。
★力を入れてみがきがちな人には、鉛筆持ちがおすすめ!
歯をみがく時は、力を入れすぎないことが大切。
鉛筆を持つような握り方なら、余計な力が入らずにすみずみまで丁寧にみがくことができます。
歯ブラシの毛先がすぐに開いてしまう人やゴシゴシみがきがちな人は、持ち方を変えてみましょう。
★いろいろな種類の歯ブラシがあってどれを選んでいいのかわからない時は?
歯ブラシは、口のトラブルのおもな原因である歯垢を取り除くために必要なアイテムです。
効果的な歯みがきをするためには、口のすみずみまでみがきやすく、歯垢をしっかり落とせるものを選ぶことが大切です。
また、みがき残しやすい部位用や、矯正をしている歯をみがきやすいブラシなど、使う目的に合わせて選ぶのも良いです。
★歯ブラシ選びのポイント
歯ブラシは大きすぎでも小さすぎでも、清掃効果が低くなってしまします。
ヘッドは歯並びや口の大きさに合ったサイズを、かたさは歯ぐきの状態に合わせて選びましょう。
★歯ブラシの交換時期は?
歯ブラシの毛先が開くと、歯にきちんとあたりにくくなり歯垢を落としにくくなるうえ、歯ぐきを傷つけたりすることもあります。
たとえ毛先が開いていなくても、長い間使用していると毛に弾力がなくなり、汚れを落とす力が弱まり歯垢の除去率が下がります。
交換の目安は1か月に1本です。
お気に入りの歯ブラシを見つけて毎日の歯みがきの時間を楽しくしましょう♪

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:予防歯科

「歯磨き」は「研磨」ではない

 

こんにちは、歯科医師の南です。

 

患者さんにブラッシングの指導をすると、決まってゴシゴシ音が遠くにいても聞こえるぐらいの力で「歯をこすっている」人がほとんどです。

 

確かには磨きをしているのでしょうが、それでは大事なエナメル質を傷つけるだけで実際は肝心な歯垢を除去しきれていません。

 

 

毛先の硬い歯ブラシ(「かため」と表示のあるもの)で、毎日強く磨きすぎると徐々に歯ぐきが後退し、歯ぐきの中の歯根が出てきてしまいます。

歯根はエナメル質で覆われている歯(外に出ている部分)とは違い、柔らかなセメント質でできているのですり減りやすいのです。

 

水や冷たい食品を摂るとしみる知覚過敏を引き起こしたり、エナメル質に比べて虫歯になりやすいので、歯根が出てきてしまったら適切な処置が必要になります。

 

 

ブラッシングで歯や歯ぐき、クラウンやブリッジを傷つけないためには、毛先のあまり硬くないブラシで力を入れすぎずに磨くのが鉄則です。

「ゴシゴシ磨かないと磨いた気がしない」という人もいますが、だからと言って「きちんと磨けている」とは限らないのです。

 

再度、正しいブラッシングを確認することからはじめましょう!

 

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:コラム, 予防歯科

鼻で呼吸できていますか?

 

こんにちは、歯科医師の南です。

 

 

口で呼吸を続けていると、口の中は常に渇いた状態になり、唾液によっての最近の活動などが抑制しきれず、口臭、歯肉の炎症の原因や虫歯のリスクにもなります。

 

 

鼻で呼吸できているかどうかのチェックは簡単です。

 

全身の力を抜き、軽く唇を閉じます。

その時、舌の先端はどの位置にありますか?

 

①上の前歯の裏か上あご(口蓋)にぴったりと舌がついている

鼻呼吸になっています。安心してください。

 

②歯と歯の間に舌が位置している。

口呼吸になっている可能性があります。

 

③舌の前歯の裏についていたり、舌が奥に沈んでいる。

口呼吸になっていますので注意が必要です。

 

 

唾液には強力な消毒作用と毒消し効果があります。

いわば天然のマウスウォッシュですね。

唾液の量が減ってしまうということは、自らの防衛機能を低下させていることになります。

 

口呼吸による具体的な害としては、「口臭が出やすくなる」「いびきをかく」「よだれがでやすい」「かぜをひきやすくなる」などがあります。

 

口呼吸を防ぐ方法としては、まず日頃から口を閉じて意識的に鼻で息をすることを心がけることが第一です。

 

口呼吸をしている人はそれが癖になっていますので、「口で息を吸う」癖を「鼻で息を吸う」習慣に変えるようにすればいいのですが、それには口の周りの筋肉や顎の周りの筋肉を鍛えるのが有効です。

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:コラム, 予防歯科, 口臭

歯が汚い人は仕事ができない??

こんにちは、歯科衛生士の樋口です^^

 

 

 

今日は、歯が人に与える影響についてお話しします。

 

 

 

 

アメリカでは20年ほど前から、「歯が汚い人は一流企業に就職できない」ということが言われていて、子どもの教育に熱心な家庭は、歯列矯正をしたり、歯医者に通わせて虫歯を作らないようにします。

 
この傾向は日本でも5年前くらいから出てきています。

 

 

昔は歯列矯正をしている子どもはあまりいなくて、矯正器具を歯につけている子はいじめられたりしていましたが、今は非常に多いです。

 
歯と仕事の関係についてもう一つ挙げるならば、歯が汚かったり、虫歯を治療していない人は「自己管理能力がない」と見る向きもあるということです。

 

 
「歯医者は嫌だけど、自分のためだから、しっかり働くためにも頑張って通おう」という人は、困難を乗り越えようとする意思の強い人、ビジョンを持っている人と見ることもできます。

 

 

 

こういったことは社会に出て何かを達成するのに必要なことです。

 

 

 

歯医者には「痛いことをされるんじゃないか」という恐怖心や不安があると思います。

 

 

それもあって、行きたがらない方が多いのですが、避ければ避けるほど虫歯になりやすいですし、歯周病も進んでどんどん状態が悪くなっていくというのは確かです。

 

 

 
嫌なことを避け続けることで状況が悪くなっていくというのは、歯に限ったことではなく、仕事でもそうで人生でもそうでしょう。

 

 

 

だからこそ、「嫌だけど歯医者に行く」ことで「嫌なことを乗り越える」という経験を積んでいただきたいと思います。

 

 
そうすることで、虫歯も治るし歯周病も改善するというのはもちろん、苦手なこと、嫌いなことを克服したという自信がつくはずです。

 

 
実際、歯を治療することで仕事のオファーが来た、売上が伸びた、いい出会いがあったという話は珍しくありません。

 

 

歯医者に行くことと、仕事やプライベートでの人生の充実度の相乗効果は非常に高いのではないかと思っています。

 

 
行きたくない気持ちを乗り越えて、歯医者に行ってみると、なにか良い方向に物事が変わるんじゃないかと思います。

 

 

 

私も子供の頃は、小学校の歯科検診の季節には母親といつも歯医者に通ってました。

 

 

痛い思いをしたりもしましたが、歯の欠損も無く健康な歯を維持できています。

 

 

 

『歯が白くて綺麗だね』と言われれば自信を持って笑う事が出来ますし、人に与える印象や影響はとても大きくプラスになると思います。

 

 

 

春は別れの季節ですが、出会いの季節でもありますので新たな出会いの準備としてご自身の歯をきれいにしてみましょう♪

 

 

 

 

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:コラム, ホワイトニング, 予防歯科, 口臭, 未分類, 歯周病治療, 矯正歯科