汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

風邪と歯の痛み

こんにちは、衛生士の横山です。

今日は風邪と歯の痛みについてお話していきたいと思います。

歯の痛み

上顎洞炎になると上顎洞につながっている上顎の奥歯の神経の出口が圧迫され、歯が痛くなります。痛みが強く出る時もあり、虫歯の痛みと勘違いする時もあります。

奥歯を噛んだ時の痛み

上顎洞炎になると上顎洞の粘膜が炎症を起こし、その炎症が上顎洞につながっている上顎の奥歯の根の周りに伝わって噛んだ時に痛くなります。

歯の根元が痛い

上顎の歯の根元は上顎洞に近く、上顎洞炎になった時に押すと痛みがあります。

口臭

上顎洞に膿がたまるため口臭や鼻の奥が臭うと感じることがあります。

 

このように、風邪を引くと歯が痛むことがあり、虫歯と勘違いされる方もいらっしゃるかと思います。

また、普段は気がつかなかった虫歯が免疫が下がり痛みを感じ、治療をするきっかけになることもあるかと思います。

 

汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:   カテゴリ:未分類