汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

こんにちは、オリオン歯科医院 汐留 歯科医師の餅田です。

今日はお口の中の汚れについてお話しします。
最初に歯と舌に付着した汚れはうがいだけでは落とせません。歯ブラシや舌ブラシでしっかりとまんべんなく
ブラッシングをしなければ落とす事が出来ないのです。

よく、市販の洗口液で口をゆすぐだけでいいという話をきかれますがこれだけではお口の中にべったりと付着したプラークを洗い流せないのです。

歯の汚れには食べカス、歯垢、着色など様々な汚れがありますが、このうち洗口液で洗い流すものは食べカスです。
食べカスがお口の中に食後長くとどまることはお口の中の酸性バランスを崩す事となり虫歯が出来やすい環境えむっていきます。
これを防ぐために、食後派を磨く時間がない場合などに洗口液を利用する事は非常に良い事とは思います。
しかし、本来歯垢をしっかりと取り除かない限りは虫歯はできてしまいますし、口臭の原因にもなります。

歯垢、歯石、着色は歯の表面と何個もの複雑な化学的な結合でしっかりと結合しています。まだ歯垢は歯ブラシで落とせますが
歯石、着色の結合は歯垢の結合より強固なため歯医者さんで専用の道具をつかわないと落とせません。
歯石のつきやすさには個人差もありますが、歯石初期の頃は歯垢であることがほとんどなので、歯垢の時点でしっかりとブラッシングが出来ていれば
量をおさえる事が出来ます。しかし歯石は唾液の石灰化成分が固まってしまっているものもあるので、
いくら歯ブラシを丁寧に行っても出来てしまう方もいます。

このことよりお口の環境を整えるには第一に歯ブラシ、フロス、その後の仕上げに洗口液となります。

歯石が気になる、歯ブラシしても歯の汚れが落ちきらないなどありましたら是非ともオリオン歯科医院汐留までお越しください。
スタッフ一同お待ちしております。

汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:   カテゴリ:未分類