汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

アーカイブ: 12月 2015

冬期休診のお知らせ

 

こんにちは、
衛生士の横山です。

当医院の冬期休診は28日午後〜1月3日までとなります。

28日も急患の方のみ対応させていただきます。

今年もあっという間の一年でしたが、みなさまありがとうございました。

来年もオリオン歯科スタッフ一同心よりお待ちしております。

来年もよろしくお願いします。

 

よいお年をお過ごし下さい。

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:お知らせ

舌からのSOSサイン

こんにちは、歯科衛生士の樋口です^^

今日は舌に関するお話です。

歯には関心を持って下さる方はたくさんいらっしゃるのですが、舌の色について注目してみたことはありますか??

舌がやたら白っぽかったり赤っぽかったりまだら模様だったり、、、

舌は内臓を映し出す鏡とも言われ、体の状態を知るのに非常に役に立つ器官なのです。

通常の舌は淡い赤みがあって薄く白みがかっています。

舌が白いから病気だと言っても実は舌の病気は、大きく分けても48種類はあると言われています。

ですので、今回は代表的な2つのものをお伝え致します。

⒈全体的に赤みが弱く白みが強くなっている場合

体に疲労やストレスが溜まっている証です。
体の免疫力が落ちていることもありますので、放っておくと風邪を引いたり病気になりやすくなります。
適切な睡眠、運動、食事を心がけるようにしてください。

72ee117a

⒉舌が非常に白く、べったりと粘りっこい食べカスの様な汚れがこびりついている場合

食生活の乱れが原因です。
お酒の飲み過ぎや辛いもの脂っこいもの、カロリーの高いものを食べ過ぎている可能性が高いです。
症状としては、胸やけ、便秘、口臭、脱力感があります。
食生活をくれぐれも見なおして下さい。
食べかすのようなものを「舌苔(ぜったい)」と言い、口臭の原因になります。

E38399E383ADE382AFE383AAE383BCE3838AE383BCE38080E8888CE88B94

⒊舌が少し赤く、白みがまだら模様の様になっている場合

これは、『地図状舌』といい、小児や女性に多く見られるものです。
食生活の乱れやビタミンB群の欠如、ストレスから来るものなどと言われていますが、原因ははっきりとはしていません。
アレルギー体質、消化不良、慢性下痢などの疾患の方によく見られます。
いずれにしても、症状が中々治まらない時は、専門家(口腔外科など)を受診して下さい。

img3451

舌は内臓を映し出す鏡とも言われていますので、舌の色が少しおかしいなと感じたら、体を酷使していないかしっかりとチェックするようにしてください。
舌の異変は体のSOSサインだと思って下さい。
何日たっても違和感が続くようでしたら、早めの受診をオススメ致します。
中には、舌の異変から舌癌に気がつく方もいらっしゃいます。

年末で忙しいと思いますがお体ご自愛下さいね♪

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:予防歯科, 口臭

こんにちは、オリオン歯科医院 汐留 歯科医師の餅田です。

今日はお口の中の汚れについてお話しします。
最初に歯と舌に付着した汚れはうがいだけでは落とせません。歯ブラシや舌ブラシでしっかりとまんべんなく
ブラッシングをしなければ落とす事が出来ないのです。

よく、市販の洗口液で口をゆすぐだけでいいという話をきかれますがこれだけではお口の中にべったりと付着したプラークを洗い流せないのです。

歯の汚れには食べカス、歯垢、着色など様々な汚れがありますが、このうち洗口液で洗い流すものは食べカスです。
食べカスがお口の中に食後長くとどまることはお口の中の酸性バランスを崩す事となり虫歯が出来やすい環境えむっていきます。
これを防ぐために、食後派を磨く時間がない場合などに洗口液を利用する事は非常に良い事とは思います。
しかし、本来歯垢をしっかりと取り除かない限りは虫歯はできてしまいますし、口臭の原因にもなります。

歯垢、歯石、着色は歯の表面と何個もの複雑な化学的な結合でしっかりと結合しています。まだ歯垢は歯ブラシで落とせますが
歯石、着色の結合は歯垢の結合より強固なため歯医者さんで専用の道具をつかわないと落とせません。
歯石のつきやすさには個人差もありますが、歯石初期の頃は歯垢であることがほとんどなので、歯垢の時点でしっかりとブラッシングが出来ていれば
量をおさえる事が出来ます。しかし歯石は唾液の石灰化成分が固まってしまっているものもあるので、
いくら歯ブラシを丁寧に行っても出来てしまう方もいます。

このことよりお口の環境を整えるには第一に歯ブラシ、フロス、その後の仕上げに洗口液となります。

歯石が気になる、歯ブラシしても歯の汚れが落ちきらないなどありましたら是非ともオリオン歯科医院汐留までお越しください。
スタッフ一同お待ちしております。

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:未分類

ホワイトニング

こんにちは♪

オリオン歯科汐留 受付の南雲です。

みなさん、ホワイトニンングってご興味ありますか?

 

男女問わず、白い歯に憧れはあるかと思います。

しかし、ホワイトニングって保険がきかないし、高いのかな?

どんな種類があるのかな?と疑問も多いかと思います。

 

ホワイトニングは1989年にアメリカで実用化された技術で、歯の表面に付着した色素のみを落とすのでなく、歯自体を白くしていくものです。歯の表面を傷つけることなく歯の中にある色素を分解して歯の明るさを上げて白くしていくのです。

施術方法は歯の表面の汚れを落とした後、ホワイトニング剤を歯の表面に塗ります。これにハロゲンライトやレーザー、プラズマライトなどを当ててこのホワイトニング剤を活性化させ、歯の中にある色素を分解していきます。以前はホワイトニングのことを色素を抜くことからブリーチングと呼んでいましたがブリーチというと強力な薬品を使ってかみ毛や衣類を漂白することを連想させるので、現在ではアメリカでもブリーチングよりホワイトニンという言葉が好まれるようになりました。この技術の出現によりそれまでは歯を削ってセラミックを被せることでしか白くすることができなかったのが、自分の歯を残して白くすることができるようになったのです。

ただしこの効果は個人個人によってかなりの差があります。元々歯の色が濃い人、子供のときに飲んだ風邪薬が原因で歯の色が濃くなってしまった人はホワイトニングの効果は低くなりますし、着色性食品を好む人はホワイトニング後の再着色が早く起こります。また、ホワイトニングにはメンテナンスが不可欠です。1回白くすれば終わりというものではありません。定期的なお手入れをしていかないと徐々に歯の再着色が起こるのです。通常、半年位から色が付き始め、何もお手入れをしないと約2年で元の歯の色に近くなってしまいます。日本では歯に関しては治療が終了するとそれで終わり。また痛くなったら健康保険で治せばいい、と思っている人が多いのではないでしょうか。実は歯に限らず体の病気は定期的なチェックとメンテナンスが必要なのです。

ホワイトニングに興味はあるんだけどちょっと抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。「歯をいじるのが怖い」と思っていませんか? ホワイトニングは美容整形ではありません。歯を削って被せることは歯の美容整形といえるかもしれませんが、ホワイトニングは歯のケアのひとつでお肌の美白と一緒です。

ご興味のある方はぜひご相談下さいね。

汐留オリオン歯科スタッフ一同お待ちしております。

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:未分類

膠原病

 

こんにちは、衛生士の横山です。

今日は膠原病についてお話していきたいと思います。

膠原病という名前は聞いたことがあっても、どのような病気か分かりにくいかもしれません。膠原病は、体に入った外敵を攻撃するはずの免疫が、自分の正常な細胞まで攻撃してしまう免疫の病気です。

そして、膠原病は1つの病気というわけではなく、人によって様々な症状が出たり、複数の症状が同時に起こることもあります。膠原病は圧倒的に女性に発症することが多いのが特徴なので、特に女性は気をつけなければいけません。

 

膠原病が女性に多い理由は、本来、女性は妊娠や出産をするために、自分とは異なる遺伝子や細胞を体内に受け入れる機能が発達しています。それが何らかの理由によって、自分の細胞と自分以外の細胞とを混同することがあります。

免疫細胞が自分の細胞を他の細胞だと認識してしまうと、免疫細胞は自分の細胞を破壊したり、誤作動させるので、膠原病の様々な症状となって現れるのです。膠原病が起こるのは女性の本質的な機能がもたらす宿命と言えるかもしれません。

 

膠原病の初期症状は風邪の症状と似ている事が多く、特に寒い季節には、膠原病の症状であっても、風邪でも引いたのか、と勘違いする人が多いので、注意しなければいけません。膠原病の初期症状には、次のようなものがありますので確認して下さい。

  • 微熱が数日続く
  • リンパ節が腫れる
  • 体のふしぶしが痛む
  • 寒気や冷えを感じる
  • 体がだるい
  • 疲れやすい
  • 口内炎ができる

こうした症状は風邪を引いた時や、疲労が重なった時、更年期障害などによっても起こる症状なので、初めから膠原病の症状だと思う人はほとんどいないのです。

 

風邪だと思い込んでいて、なかなか直らない事はないですか?

寒い冬には特に注意しなければ、いけない病気とのことです。

また、様々な全身疾患は口腔内にも大きく影響し、症状が現れます。

こまめに口腔内をチェックすることも自分の全身の状態を知るのには良い事でしょう。

 

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:お知らせ