汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

*キシリトールガムの選び方*

こんにちは、歯科衛生士の樋口です^^

今日はキシリトールガムの選び方についてお話しします。

キシリトールガムといえば、「虫歯予防・歯を強くする」効果がある事は皆さんご存知だと思いますが、それぞれ成分が違うのはご存知でしょうか??

せっかく歯の為にと思って噛んでいるガムでも、砂糖が入っていたり、キシリトールの含有率が少なすぎたりしてしまうとあまり意味がありません。

選び方ですが、以下、パッケージ裏の成分表を見て確認してみて下さい。

☆キシリトール含有率が50%以上であること

→キシリトール(g)÷炭水化物(g)×100

で計算できます。

キシリトールの成分はとても高価な物なのでメーカーによってはちょっとしか入ってないものもあるので、パッケージ裏の成分表で確認してみるのもいいかもしれません。

xylitol06

☆糖類が0gであること

いくら歯にいいといっても砂糖が入っていたら効果が薄れてしまいます。

☆酸性物を含まないこと

クエン酸や果汁入りの物は避けた方がよいです。
酸性度にもよりますが、脱灰(歯が溶ける)の危険性がないとはいえないからです。

☆トゥースフレンドリー協会のマークのあるものもオススメです

これは、「食べてから30分以内に歯垢のpHを5.7以下に低下させないもの」→つまり、食べて虫歯になる危険ゾーンにならないお菓子を認定し、「歯に信頼マーク」を与えているものです。

m02_03_p28

色んな味や香りがついているキシリトールガムが今ではどこでも手に入るので、しっかり選んで虫歯予防に役立てましょう♪

汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:   カテゴリ:コラム, 予防歯科, 未分類, 虫歯の治療