汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

歯周病は怖い病気です。。

こんにちは♪

 

オリオン歯科汐留受付の南雲です。

皆さん、GWは楽しめましたか?

さてGWが終わり、当院にはお休み中に口腔内に気になる事が出来た方が多数来院されています。つめものが取れた。痛い。しみる。など症状は様々ですが、当院では初めて来院された方には検診という形でお口の中のチェックをさせていただいております。

主に、虫歯と歯周病のチェックになりますが実は来院したきっかけの症状よりも歯周病が悪化している方が多く見られます。

歯周病は痛みが出ないうちに、口腔内の汚れによって歯を支える骨が溶けてしまい、歯がグラグラしてやがて抜けてしまうという怖い病気です。

しかし、更に恐ろしいのが歯周病が全身疾患に影響しているという事です。

近年、歯科と全身のとの関わりについては、様々な議論がなされています。最近の研究では歯周病にかかっている方は、心臓病、脳卒中、糖尿病、早産などの危険性リスクが高くなるとの見解でほぼ一致しています。アメリカでは国家的規模で、1998年から積極的な「歯と全身の関わり」の研究や広報活動を進めており、その関係を裏付ける様々な事実が報告されています。

歯周病と心臓病・血管病との関係は、よく知られています。とくに歯周病原菌が歯周組織から二次的に他の臓器に感染する、病巣感染により心臓弁へと感染して、細菌性心内膜炎を起こします。また歯周病と動脈硬化症との関連性についても多くの報告がなされています。
歯周病にかかると、血液中のCRP(C活性型たんぱく質)の濃度が上がります。高濃度のCRPが、心筋梗塞の原因である血栓形成を促進することが明らかになり、CRPと心筋梗塞との関係が注目されるようになりました。
歯周病にかかっている人の冠状動脈疾患の発症率は2倍になります。それにより冠状動脈疾患である狭心症や心筋梗塞などのリスクは歯周病にかかっていない人に比べて遙かに高いリスクとなることが
「歯周病が生死にかかわる」との考えの元となっています。

 

痛くなってからでは遅いのです。

定期的に検診に行きましょう。オリオン歯科汐留スタッフ一同お待ちしております。

 

汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:   カテゴリ:未分類