汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

アーカイブ: 4月 2015

虫歯のレベル

こんにちは、歯科衛生士の樋口です^^

 

4月ももう終わりますね、、

 

みなさんは、会社の歯科検診を受けて結果をそのままにしていませんか??

 

虫歯のチェックを受けている時に歯医者さんが、「C」やら「CO」やら言っているのを耳にした事がある方もいらっしゃると思います。

 

今日は虫歯の種類についてお話ししたいと思います。

 

虫歯には5段階のレベルがあり、CoとC1〜C4まであります。

数字が大きくなるほど虫歯が深いということになります。

 

・Co…虫歯の初期段階で、歯の表面(エナメル質)のみの虫歯になります。

一部分だけ白く濁っていたり、茶色くザラザラしていたりするのが特徴です。

この段階の虫歯は、早急に削って治療をしなければならないという程の大きさではありませんが、歯ブラシを怠ったり、甘い物をいつも食べたりしていると、やがて穴が空き痛みが出てきてしまいます。

経過観察をしていき、検診の際に虫歯が進んでいないかこちらでもチェックしていきます。

 

・C1…エナメル質が溶けて浅い穴が出来た状態ですが、症状は出ません。
虫歯の部分を取り除いて、代わりに樹脂や金属を詰めて治療をしますが、麻酔を使わなくても痛みを感じることは有りません。

 

 

・C2…ここまで進んだ虫歯は、冷たいお水がしみたり、甘い物がしみたりします。
レントゲンでたまたま発見されることが多いです。

 

治療としては麻酔をして、歯を削って詰め物をしていきますが、虫歯の範囲によっては白い樹脂の詰め物でその日のうちに終われますが、虫歯が深かったり大きかったりすると歯形をとって技工所に詰め物を作ってもらうことになり、次回に詰め物を入れることになります。

 

C3…この段階は、見た目にもはっきりと穴が空いて、神経まで侵されている事が多いです。
冷たい物だけでなく、温かいものがしみたり、噛むと痛かったり、さらに何もしなくても痛みがでるといった自覚症状が現れてきます。

痛みの無いものから激しい痛みを伴うものまでさまざまで、我慢強い方が断念して歯医者通いを決意されるのもこの頃です。

 

治療としては、歯の崩壊が大きいので神経の治療をしていかなくてはなりません。
(いわゆる。”神経を抜く”と言われている治療です。)

この治療はとても大事な処置で、神経を取って空洞になった部分を清掃、消毒して、防腐剤や殺菌剤を詰めて密封することによって、歯根の先が悪くなるのを防ぎます。

 

神経の治療をすると、治療も複雑になり、薬の交換などで、治療回数、期間も長くなる反面、歯自体の寿命が短くなります。

 

ですが、通院して治療を終え、アフターケアをしっかり行えば長くもたせることはできます。

一番良くないのは、治療途中で痛みがなくなったからと通院をやめてしまうことです。

 

完全でないまま時間が経ってしまうと余計に症状が悪化します。
気付いた時には抜歯という事態にもなりかねません。

 

・C4…この段階ではもはや歯の原形をとどめていません。

 

ですが、顎の骨のなかには虫歯菌で侵された根っこが残っています。
この根っこが毒素を出し、顎の骨を溶かし、痛みを増し顔まで腫れる事もあります。

痛みがない場合でも、骨の中に膿の袋を作り、出口が無い為に、歯ぐきの方まで膿の袋ができてしまいます。

運が良ければ歯を残す事が出来ますが、ここまできてしまうとほぼ抜歯の可能性が高くなります。

 

痛みのあるなしではなく、手遅れになる前に検診を受けましょう!!

 

menu_mushiba

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:虫歯の治療

歯周病に負ける人は、ビジネスでも勝てない!①

 

こんにちは。歯科医師の南です。

 

メタボリックシンドロームを体現しているホワイトカラー、つまりお腹が出て全身に無駄な肉がついてしまっている状態のビジネスパーソンは、自己管理ができないビジネス失格者だという見方が欧州を起点に広がり、日本でも一時そのような声をたびたび聞きました。

また、糖尿病や高血圧のリスクファクターとして肥満がやり玉に挙げられ、それが追い風となって、ダイエット本は書店に溢れ、スポーツジムに通う中高年の数は急カーブを描いて上昇しました。

 

でも私は、肥満と同様に、いやそれ以上にビジネスパーソンの健康を損なう危険ファクターとして歯周病を挙げたいと思います。

この疾患に罹っているビジネスパーソンは遥かに多く、世界でもっとも多い病気としてギネスブックにも記載されているのです。

世界中でこの病気に侵されていない人は数える程しかいないと言われるほどです。

 

歯周病のしくみについては前にも述べましたが、歯と歯の境目(歯肉溝)に溜まった歯垢が元凶となります。

歯垢の中の病原菌が出す毒素によって、さまざまな炎症が引き起こされます。

 

◎口が臭い

◎歯肉から血が出る

◎歯がぐらぐらする

 

このような症状が出た時はすでに相当進行していると見て間違いないのですが、ムシ歯のように「痛み」という強烈な症状がないので、歯科に行かずに放置しがちになります。

さらに進行すると「歯周ポケット」が深くなって、歯を支えている土台(歯槽骨)や組織が徐々に破壊されて、ついに歯が抜け落ちてしまいます。

 

さらには、歯周病菌が口から全体に浸透し、糖尿病や肥満、心血系の疾患を悪化させたり、肺炎の引き金になったりと、全身疾患との関わりも出てきてしまいます。

最近は、歯周病は生活習慣病の一種であると言われるようになりました。

 

ところが、歯周病という言葉の認知度は98.5%にも昇り、ある程度歯周病に情報は得ているのにも関わらず、自分は歯周病ではないと思っている人が69.2%もいるというデータがあります。

さらに、歯周病とムシ歯を混同している人が28.6%。

歯周病は全身疾患とも関わりがあると言われているのに、影響がないと思い込んでいる人が35.7%もいることがわかりました。

誤解が多いことが明らかなのですが、「歯周病」という言葉は知っていて、歯ぐきの疾患であることぐらいは理解していても、それがどんなメカニズムで怒り、口腔内全体、体全体にどのような悪影響を与えるかを理解している人はまだまだ少ないようです。

 

あなたはどうですか?

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:コラム, 歯周病治療

日本とスウェーデンの歯科への意識

こんにちは。

オリオン歯科汐留  受付の南雲です。

 

北欧の国スウェーデンは、「予防歯科」先進国として知られています。そんなスウェーデンも、かつては、多くの人がむし歯や歯周病で歯を失っていました。その状況を重く見たスウェーデン政府は、1970年代に「予防歯科」を国家的な一大プロジェクトとしてスタートさせました。効果は絶大で、現在のスウェーデンは、世界で最も歯科疾患が少ない国と言われています。

 

スウェーデンが「予防歯科」先進国と言われる背景に、国家の積極的な取り組みがあることは間違いありませんが、それだけではありません。

 

1970年代のスウェーデンで、「予防歯科」の重要性が世界で初めて打ち出されました。スウェーデンのイエテボリ大学が、むし歯などの口腔疾患と、歯科医によるプロケアや歯科治療後のブラッシングとの関連性について、大規模な調査を実施しました。その結果、むし歯予防には、セルフケアとプロケアの両方が重要であることがわかり、これ以降、歯科治療では、それまでの対症療法ではなく、「予防歯科」がより重要であると考えられるようになったのです。

スウェーデン政府は、「予防歯科」の考えを国家的な歯科医療の方針として採用し、歯科医院で「予防歯科」を受診することを義務化しました。今では、国民全員が定期的にプラークコントロールと歯科指導、治療を受けることができるようになっています。20歳未満の国民は、チェックも歯科医院での治療も無料です。子どもの時から歯の健診が当たり前のこととしてとらえられ、歯の健康づくりが生活習慣として定着しているのです。

「予防歯科」を知っていたかどうかを尋ねた調査によると、「予防歯科を理解していた人」は、スウェーデンでは約60%であるのに対し、日本では約21%に過ぎません。また、「予防歯科を実践している人」でも、スウェーデンでは約69%であるのに対し、日本では約26%と、大きく差がついています。

 

日本では、「年をとれば歯を失うのは仕方がない」と考える人も多いのではないでしょうか。スウェーデンでも1980年代ころまでは同じでした。ところが今は違います。70歳で自分の歯が何本残っているかの平均値を比較してみましょう。日本では16.5本ですが、「予防歯科」を実践してきたスウェーデンでは21本と、大きな開きがあります。親知らずを除いた成人の歯の本数は28本ですから、スウェーデンでは、ほとんどの国民が70歳になっても若い時とさほど変わらない歯の本数を維持していることになります。

 

歯は一生物です。

一度虫歯や歯周病になってしまうと、治療は出来ますが元の健康な歯に戻す事はできません。今、歯でお困りの方はそれ以上悪化しない様に気をつけ、困っていない方は健康な歯を維持できる様に意識を変えていきましょう。

 

オリオン歯科汐留、スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:未分類

金属アレルギー

 

こんにちは、衛生士の横山です。

今日は、金属アレルギーについてお話していきたいと思います。

金属アレルギーと聞くとネクレスやピアス、指輪などを思い浮かべる方が多いかと思います。

もちろんそういったものも金属アレルギーの原因物質ですが、意外とあまり知られていないのが、口腔内の金属アレルギーです。

個人差もありますが、虫歯の治療を行い金属の詰め物をされている方も多いかと思います。

銀歯と言っても純粋な銀ではなく色々な物質が混ざって一つの銀歯になっています。

その銀歯がお口の中の唾液によって溶け出すことにより、全身へと巡ります。

そうして、お口まわりだけでなく全身の金属アレルギーを発症します。

 

また、金属アレルギーにはこんな影響もあります。

お口の中の金属は老化に深くかかわっています。
特にアマルガムという歯科用金属は水銀や銀、スズを含んでいます。
水銀やスズは重金属と呼ばれ、神経毒性が強く、不眠、イライラ、頭痛、めまい、アレルギー、肩こりなどさまざまな原因不明の不調を引き起こします。
重金属が、内臓への蓄積やホルモンバランスの乱れを起こすことによって、免疫力の低下が起こります。
歯の金属を外したことにより、免疫が正常に働きだして、リウマチなどの膠原病(自分の体を免疫細胞が攻撃する自己免疫疾患)が治った方もたくさんおられます。

また、溶け出した重金属は皮膚の真皮層に蓄積し、肌の老化を進めてしまいます。
さらに、体に蓄積された重金属は活性酸素をどんどんと発生させ、確実に細胞にダメージを与え、細胞の老化を早めます。また活性酸素によりDNAが傷つけられると、それががんの原因にもなります。

このようなこともあるので、取り除いてあげることが大切です。

オリオン歯科医院では、金属アレルギーのパッチテストも行っております。

なにかきになる症状がある方は、一度相談にいらしてみてください。

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:金属アレルギー

虫歯の母子感染

こんにちは、歯科衛生士の樋口です。

 

今日は虫歯の母子感染についてお話しします。

 

虫歯は風邪などの病気と同じく、感染症なので人から人へうつります。

 

というのも、気をつけて頂きたいのが大人の方からの小さいお子様への虫歯感染です。

 

虫歯の原因菌(ミュータンス菌等)は、生まれた赤ちゃんのお口の中には存在しません。

 

虫歯菌は硬い組織にしか住むことが出来ないので、赤ちゃんの、歯の萌えていないお口の中では生きて行けないのです。
お口の中に虫歯菌が見付かるのは、だいたい乳歯が萌え始める生後6ヶ月頃からです。
実はミュータンス菌は、赤ちゃんと触れ合う機会の多い家族から、食事中のスプーンの共有や口移し等によって、唾液を介してうつるのです。

 

主にお母さんからの感染が多いので、母子感染と呼ばれています。

 

当然、お母さんのお口の中の衛生状態が悪く、ミュータンス菌が多いほど、より感染し易くなります。

 

特に感染の危険性が高いのが、生後1才7ヶ月から2才7ヶ月の一年間です。

 

この時期は「感染の窓」と呼ばれ、最も注意が必要とされています。

 

この時期にしっかりと感染予防が出来ていると、その後はずっと虫歯菌が感染しにくくなります。

 

そうは言っても、食事の時にかわいいお子様とのスキンシップを控えるというのは、つらい事です。

 

母子感染のルートとして挙げられるのが、食事のときにスプーンやコップを共有したりキスをしたりすること。

 

食器を分け、スキンシップをやめればいいのですが、スキンシップに関しては難しいですよね。

 

そこで重要になるのが、お母さんがきちんと治療・予防に努め、お口から虫歯菌を減らしておくことなのです。

 

大切なお子様を虫歯から守るためにも歯科検診を受診しましょう♪

 

 

akachan_rinyusyoku

 

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:小児歯科・マタニティ歯科, 未分類, 虫歯の治療

口に水を含むだけで汚れが付きにくくなる③

 

こんにちは、歯科医師の南です。

 

 

歯の美しさを保つ上で、もっとも大敵となるのがタバコです。

タバコほど歯を黄ばませるものはありません。また、歯ぐきの色を悪くさせるものもありません。

ステインを付着させないよう緑茶やコーヒーや赤ワインを控えても、タバコを吸っていてはまったく無意味です。

 

 

タバコの汚れの正体は「ヤニ』にあります。

ヤニは非常に歯にこびりつきやすい上に悪臭を放ちます。

ヘビースモーカーの人は道を歩いていてすれ違っただけでタバコの悪臭がぷんと伝わってきますからすぐにわかりますよね。

 

また、タバコの煙から排出されるニコチン、タール、一酸化炭素などの有害物質は200〜300種ぐらいあると言われ、肺のみならず口の中粘膜や歯ぐきからも吸収されます。

タバコを加え、大きく吸い込むと、有害物質が口中に広がります。

それらが歯ぐきや口の粘膜にしみ込む様を想像してみてください。

ぞっとするでしょう。

 

吸収された有害物質は歯ぐきの血行を悪くさせ、歯ぐきの色を暗い紫色に変色させてしまいます。

さらにそれだけではなく、免疫力を低下させ、歯周病菌に侵されやすくもなります。

ヘビースモーカーの人は、タバコを吸わない人に比べ、5〜6倍の歯周病発症率と言われています。

 

 

でも意外なことに、喫煙者には歯周病の特徴である「歯ぐきの腫れ」「ブラッシング時の出血」があまり表れないのです。

なぜでしょうか?

 

 

答えは免疫の低下です。

生体防御反応である免疫は、病原菌が体内に侵入してきた場合、それを防御するための闘いを挑みます。

病原菌と免疫の闘いは「炎症」となって表れます(歯ぐきの場合は、腫れたり膿んだりがそれに当たります)。

でも、喫煙によって免疫が落ちていると、病原菌が入り込んできても闘うことができず、病原菌に押し込まれてしまうのです。

つまり炎症が起きず、自覚症状がないままに歯ぐきは病原菌に侵されていくのです。

喫煙者の歯ぐきは、タバコを吸わない人の歯ぐきより10年〜20年廊下が早まると言われています。

 

 

皆さんに「禁煙してください」とは言えませんが、これが事実です。

タバコを吸う人は自分の歯ぐきを鏡でよくチェックしてみてください。

 

 

「一流の人の歯は、なぜ白いのか?」植木ゆかり先生著http://www.amazon.co.jp/dp/4426118611/#immersive-view_1421303118965)より抜粋

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:お知らせ, コラム, 予防歯科, 口臭

夜きちんと歯磨きしていますか?

こんにちは♪

 

オリオン歯科汐留 受付の南雲です。

皆さんは、朝昼晩、食事をした後にきちんと歯を磨いていますか?

さらに、おやつや夜食を食べた後はどうでしょうか?

夜食を食べるイマドキ中高生は、3人に1人が歯磨きせずに寝ているというデータがあり

さらに就寝時間「0時以降」の深夜型の人ほど、歯磨きせずに寝る傾向があるそうです。

 

「夜食を食べた後で、歯磨きせずに寝てしまうことがあるか」を質問したところ、3人に1人(30.6%)が「歯磨きをせずに寝てしまうことがある」と回答。中高生がむし歯リスクを抱えていることがわかりました。

さらに、就寝時間が0時以降の深夜型の人は、39.8%が「歯磨きをせずに寝てしまうことがある」と答え、就寝時間が遅くなると、寝る前に歯磨きしなくなるという傾向もみえてきました。

 

寝ている間は口の中の菌が増殖しやすいため、夜食を食べた後そのまま寝てしまうことは、むし歯リスクを高めます。一生の付き合いになる“歯”のケアを、怠らないようにしたいものです。

 

なにか気になる事があればお気軽にご相談下さいね。

オリオン歯科汐留スタッフ一同お待ちしております。

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:未分類

ストレスによる口腔内の異変④

こんにちは、歯科衛生士の樋口です^^

 

今日は『ストレスによる口腔内の異変』の第4弾です。

 

最終章です。

 

今日は、みなさんも1度は経験がある、お口の粘膜をガリッと噛んでしまう事についてお話しします。

 

楽しく食事をしているとき、自分の舌やほっぺたをうっかり噛んでしまうことがありますよね?

 

血がにじむほどガリッと思いきり噛んでしまった時のあの痛さを経験された方はきっと多いかと思います。

 

自分で自分の口の中を噛んでしまうなんて、苦々しい気分になるものですが、なぜそういったことが起こるのでしょうか?

 

 

◆口の中を噛んでしまうのはストレスのせい?

 

顎口腔系を専門とする研究者の間でも、どうして口の中を噛んでしまうのかという明確な理由は未だに明らかになっていません。

 

しかし、経験的に「こういうときに口の中を噛みやすくなる」というものはあるそうです。

 

例えば、体調があまり良くなく、普段はスムーズに行われている口の中の動きができなくなる、など。

 

人間は一度舌などを噛むと、その噛んだ時の痛みを記憶し無意識のうちに噛まないように体が制御する動きをするそうです。

 

しかし、その無意識のうちに行っている制御が出来ないほどに疲れていると、噛んでしまうのです。

 

それほどに脳が疲れているということなんですね。

 

上記のような体調不良や疲れているとき以外では、頬の筋肉のたるみ、歯並びの悪さがなどが原因になることもあります。

 

確かに、疲れている時にストレスがたまっていて食事の時などに噛むという事に意識が行かない時があります。

 

そういう時にほっぺたを噛んでしまうのですね。。

 

あまりに何度も何度も噛んでしまうようでしたら、一度ご相談ください♪

 

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:コラム, 予防歯科, 咬み合わせ・顎関節

デンタルフロスの使い方

こんにちは、衛生士の横山です。

今日はデンタルフロスの使い方についてお話していきたいと思います。

デンタルフロスは、歯ブラシとは別に用いる補助的清掃用具のことです。

デンンタルIQの高い国では、デンタルフロスを使用することは日常的なことですが、日本ではあまり多く浸透されてません。

しかし、デンタルフロスは口腔内を清掃する上でとても重要な役割をします。

歯ブラシだけでは、取りきれない歯と歯の間のプラークや食査などをからめとってくれます。

患者様の口腔内を拝見させて頂くと歯の表面はキレイに磨かれていても、歯と歯の間に歯石が付いていたりと歯と歯の間の汚れは目立ちます。

歯ブラシだけでは落とす事の出来ない歯と歯の間の汚れはしっかりとデンタルフロスで絡めとり落とすことが大切です。

 

 

img_0-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようにして使用してみましょう。

 

オリオン歯科医院では予防を重視したクリーニングをおこなっています。

歯ブラシの仕方、フロスや糸ようじや歯間ブラシの使い方などお気軽にご相談ください。

オリオン歯科医院汐留スタッフ一同おまちしております。

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:未分類

ストレスによる口腔内の異変③

こんにちは、歯科衛生士の樋口です^^

 

4月に入り雨が多いですね、、

みなさま体調は崩されていないでしょうか?

 

今日も「ストレスによる口腔内の異変」をお話ししたいと思います。

 

今日は第3弾:口内炎についてです。

 

誰でも1度や2度は口内炎になったことがあると思います。

 

厳密には口内炎は口の中にできる炎症の総称ですが、一般的には白くて丸っぽいものを口内炎と言います。

 

正確にはアフタ性口内炎と言って粘膜にできる小さな潰瘍です。
一般的な口内炎であれば、数日から1~2週間くらいの間に自然に治りますが、痛みが強く、しみたりするのでとてもつらい症状です。

 

できれば、口内炎にはかかりたくありませんね。。

 

口内炎を繰り返し起こしたり、2週間以上経っても治らない場合は、全く別の病気が原因で生じることもあります。

 

この場合は、単なる口内炎と甘く見ずに、大きな病気のサインかもしれませんのでそれを見逃さないことが重要です!

 

口内炎の最も大きな原因は、お口の中の衛生状態なのですが、もう1つの理由としては、何かの理由で全身の免疫力が低下している場合です。

 

例えば、過労や睡眠不足、精神的なストレス、栄養の偏りでビタミンなどが不足していることなどが考えられます。

 

そして、最も気を付けなければならないのが、体に何らかの病気が生じていて、口内炎が起こる場合です。

 

この口内炎による病気のサインは決して見逃さないようにしなければなりません。

 

口内炎ができたら基本的な事ですが、お口の中を清潔にしましょう。

 

歯磨きをしっかりとしましょう。

 

ただし、歯磨きも正しいブラッシングをしなければ、歯垢の除去率は50%以下でしかないことが分かっています。

 

もしも、歯ブラシをする時に口内炎に当たって痛いときは、出来る範囲で構わないので歯垢を落として、最後に殺菌剤の入ったうがい薬や、歯垢を除去するタイプのデンタルリンスなどを使うことも効果的です。

 

 

そして、ビタミンなどの栄養素が不足していることも多いので、特におすすめしたいのは、ビタミンB2、B6、Cの3つです。

 

ビタミンB2は皮膚や粘膜を保護する働きがとても強く、美容のビタミンとも言われ、肌を健康に保つことにも効果があります。

 

おすすめは、「玄米」です。

 

玄米には、ビタミンB2が多く含まれているので、日頃から口内炎の予防だけでなく、お肌を美しく保つことにも効果があります。

 

ビタミンB6も皮膚や粘膜を保護し再生させる働きが強いビタミンです。

豚肉や大豆などに多く含まれています。

 

そして、ビタミンCも口内炎を治すのに必要です。

 

ビタミンCはコラーゲンの生成を促す力が強く、肌にも良いビタミンです。

また、ストレスを、軽減させる効果もあります。

野菜ではブロッコリーなどに多く含まれています。

 

もし、痛みが強くて物が食べられない時は、ヨーグルトやゼリー状の食品で栄養を摂るようにするのも工夫の1つです。

 

まずはゆっくり休養をとってストレスを少しでも軽減できるといいですね(^^)/~~♪

 

yjimage-5

汐留 歯医者/歯科|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:  カテゴリ:コラム, 予防歯科, 未分類