汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

金属アレルギーについて

こんにちは、歯科衛生士の樋口です^^

 

 
最近暖かかったり、寒かったりで体調を崩しやすいですが、もうすぐ新生活が始まる方も多いので、体調管理はしっかりとしていきましょうね♪

 

 
ということで、今日は金属アレルギーについてお話をしたいと思います。

 

 

金属アレルギーと聞くと、ピアスやネックレスなどのアクセサリーによるアレルギーを思い浮かべる方がほとんどだと思います。

 

 

実はお口の中に入っている銀の詰め物(いわゆる銀歯ですね)からもアレルギーは起こるのです。

 

 

歯科治療に使用した金属が長い間にお口の中に溶け出し、それが体に取り込まれてアレルギー反応を起こしてしまうことが原因です。

 

銀の詰め物は、何種類もの銀素材が混ざり合わさってできているのです。

 

<金属アレルギーの原因となりやすい主な金属>
コバルト、スズ、パラジウム、インジウム、イリジウム、クロム、ニッケル、水銀、などなど…

 

金属アレルギーの症状

金属アレルギーの症状 画像

もっとも多いのは、手や足の裏に水泡や膿をもった膿胞ができる症状。

次いで、口の中の粘膜にわずかに隆起した白線ができる症状。

さらに、口内炎や歯肉炎、衣服などに触れている皮膚が炎症を起こす接触性皮膚炎、発疹、などが代表的な症例です。

 

金属アレルギーの検査方法
金属アレルギーの検査方法 画像

代表的な検査方法には「パッチテスト」があります。

パッチテストとは、アレルギーの疑いのある金属試薬を肌に付けて肌の反応を見る検査です。

一般的には皮膚科や大学病院などの専門外来に依頼しますが、一部の歯科医院でも実施されています。

 

 

汐留院でも金属アレルギーの検査もやっていますので、もしお困りでしたらぜひご相談下さいね^^

 

 

汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:   カテゴリ:未分類, 金属アレルギー