汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

セラミックと金属の詰め物について

こんにちは、歯科衛生士の樋口です^^

 

今日はセラミックの詰め物についてお話ししたいと思います。

 

急に詰め物が取れてしまったり、虫歯の治療を終え、詰め物の種類を何の素材にしようか悩んでしまう方が多いと思います。

 

セラミックは保険治療の範囲ではないので金額的にもなかなか簡単に手が出せないと思います。

 

見た目が白い方がもちろん良いのですが、その他にどんなメリットがあるのか?普通の保険の銀歯でも噛めるんじゃないか?等々いろんな疑問が出てくると思います。

今日はそのあたりの疑問を少しクリアにしていきたいと思います。

 

*金属の詰め物

メリット
・保険適用なので安価でできる。
・型採りをしてから出来上がりまで短い期間でできる。

デメリット
・口の中で目立つ
・虫歯になりやすい(歯の磨き方が悪いのではなく、銀歯が劣化することによって起こって歯とのすき間からむし歯になってしまいます。)
・歯ぐきが黒くなる(金属は濡れたところにあると成分が溶け出し、白い歯もピンク色の歯ぐきも黒くなっていきます。人によっては金属アレルギーを起こす方もいます。)
・銀歯の下で虫歯が広がる(金属と歯とは密着性が低く、隙間から汚れが入り込み、虫歯になってしまいます。)
・汚れがつきやすい(銀歯の表面は見えない小さな傷が多くあり、その傷の中に細菌が詰まっています。)

*セラミックの詰め物

メリット
・歯に合った白い色で作れるので見た目がキレイ
・歯との密着性が高く、虫歯になりにくい
・金属による歯ぐきへの色移りがない
・表面がつるつるしているので汚れがつきにくい
・金属アレルギーを起こさない

*デメリット
・強いくいしばり、噛み締めによって欠けたり割れたりする可能性がある。(ナイトガードをはめる事で回避する事ができる)
・保険適用でないので費用が高い。
・精密に手作りをしているので、型採りをしてから出来上がりに少し日数がかかる。

 

ざっと書きましたが、こんな感じです。

見た目以外にもこの先の事を考えると断然セラミックがおすすめです。

ただ、金額がとても大きいので、少しずつ治療をしていくことも出来ますのでぜひご相談下さいね。sinbi_inrei

 

 

 

汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:   カテゴリ:ホワイトニング, 予防歯科, 咬み合わせ・顎関節, 審美歯科, 未分類, 虫歯の治療, 金属アレルギー