汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

口呼吸と口腔トラブル

こんにちは♬

歯科衛生士の加原です。

 

今日、仕事前にインフルエンザの予防接種をしてきました・・・

いくつになっても注射はやっぱり嫌ですね。

病院の先生から聞いたのですが、もうインフルエンザが流行ってきているとのこと。

痛いけど、痛いけど、インフルエンザにかかる方が辛いはず・・・我慢です。

早めに予防接種しましょう。

 

今日は口呼吸についてです。

口呼吸よりも鼻呼吸の方が「歯を守る」という点で良いと言われている事を

皆さんは知っていましたか?
何故「口呼吸」が良くないとされているのか?

それは唾液の作用に大きく関係しています。
唾液は歯の再石灰化にも大きく関係してきますが、それだけでなく口腔内の汚れを

流してくれるという自浄作用をしたり細菌を減らしてくれす効果までもあります。
今までも何度も書いてきましたが、

唾液というのは「歯を守る」うえでとっても重要なんです。
そんな重要な唾液ですが、口呼吸だと乾燥してしまい唾液による自浄作用が低下して

虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。

それだけでなく唾液が乾燥すると口臭がきつくなってしまいますし、

さらにはいつも口を開けている為に歯を唇で抑える筋肉まで衰えてしまいます。

 

そして、「鼻呼吸にすると風邪になりにくくなる」とも言われます。

では口呼吸ではなく「鼻呼吸」に変えるだけで、何が変わるのでしょうか?

まず、上記で述べたように口呼吸だと唾液が乾燥してしまうのですが鼻呼吸だと

乾燥しません(当たり前ですが)。
充分に分泌されると再石灰化や細菌の活動などを抑制したりして

大いに活躍してくれます。
それだけでなく、鼻は吸い込んだ空気を浄化するしくみが備わっているので

細菌が扁桃腺に直接的に付着&繁殖し炎症するのを防ぎます。
この「扁桃腺」は免疫に係わる重要な器官。

炎症を起こして免疫力が衰えるとあらゆる病気にかかる可能性が出てきます。

 

息を吐く時には息が鼻腔を通る事によって鼻腔を適度に乾燥させて病原菌の繁殖を

抑える事に繋がると言います。

これらの事を簡単にまとめると、

口呼吸の人は鼻呼吸の人と比べて虫歯や歯周病になりやすく、

口臭もきつくなって風邪にもひきやすくなるということです。

口呼吸は悪い事ばかりのようですね。

 

お悩みの方がいらしゃいましたら、お気軽にご相談下さい。

オリオン歯科一同お待ちしております。

 

 

 

汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:   カテゴリ:未分類