汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

妊娠時の口の中の変化を知ろう(2)

 

こんにちは。歯科医師の南です。

 

 

(妊娠初期の歯みがきと吐き気)

 

妊娠初期につわりで、気持ちが悪く吐き気をもよおしたりします。

人によってさまざまですが、臭いや食べ物が引き金になるようです。

歯みがきのときなども、口の中に歯ブラシを入れただけで、気持ち悪くなったりする時期もある人もいます。

そんなとき、歯みがきペーストの使用をやめたりしてみてください。

また、小さめの歯ブラシに変えてみたり、磨く順序も内側、特に上の歯の内側を最後に磨くなど工夫してみてください。

結構、吐き気を防げることがあります。

 

 

歯ブラシが入れられないときは、フロス(糸ようじ)や歯間ブラシを使ってみてください。

どうしても磨けないときはうがいだけでもして、甘いものを控えるようにしてください。

ほんの一時期だけのことが多いようです。

 

 

そんなに焦らず、ゆっくりと構えてください。

食後だけでなく、気持ちがゆっくりリラックスしている時にみがいてみるのもいいかもしれません。

 

ちなみに、歯みがきをしているときは、人間、鼻でリズミカルに呼吸し、気持ちがリラックスできます。

汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:   カテゴリ:小児歯科・マタニティ歯科