汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

歯が痛む時はむし歯ですか?

 

こんにちは。歯科医師の南です。

 

歯の痛みにも、

1、冷たいものや温かいものの刺激で痛む

2、何もしていなくても痛む

3、噛むと痛む

など、痛みを感ずる状態によって原因も異なります。

 

 

1の症状は、歯髄が生きていて象牙質が露出している状態で起こるため、むし歯以外でも歯ブラシや噛み合わせが強くエナメル質が削れたり、亀裂や破折、詰め物が欠けた場合にも認められます。

 

 

2の症状は、歯髄が死にかけている場合に起こることが多く、むし歯以外の原因として、知覚過敏のダメージが大きい、亀裂が歯髄まで達している、歯周病(歯周疾患)が進行し、細菌が根の先の穴から歯髄に感染することもあります。

 

歯以外では、歯肉の炎症や傷の痛みが強い場合は歯が痛いように感じることもあります。

また、関連痛と言って、痛みの原因となっている場所とは違う部位に痛みを感じる現象が起こる場合もあります。

 

 

3の症状は、歯を支える骨や歯肉に問題がある場合で、むし歯のほかに歯周疾患で歯の周囲に炎症が存在したり歯を支える骨が減少し、噛む力に耐えられない場合、歯がハセツしているなどがあります。

 

また、歯を支える歯周組織が健康でも、過度にその歯に強い力が加わると(その場所だけで噛む、歯ぎしり、くいしばり)などもその負担に耐えられなくなり、打ち身のように痛みを感ずる場合もあります。

 

痛みには、むし歯だけではなくいろいろな原因があります。

痛みを感じる前に、是非検診にいらしてください。

 

汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:   カテゴリ:未分類