汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

抜歯する必要のある歯

こんにちは♪

オリオン歯科汐留 受付の南雲です。

11月に入り、一日を通して冷え込むようになってきましたが、皆さん体調など崩されていませんか?

 

今日は患者さんも恐いという方が多い抜歯についてお話しようと思います。

まず、抜歯が必要な歯とはどんな状況なのでしょうか。

 

抜歯は歯にとっては最後の手段となりますので、歯科医師が『抜歯の適応』との判断を下すのは非常に慎重になります。

 

近年、むし歯(齲蝕)の治療法および歯周病治療法の進歩により、歯を残して咬合(噛み合わせ)に役立てる事ができる可能性は増してきましたが、それでも保存する事が不可能な歯や、本来、萌出すべき(生えるべき)場所に萌出しなかった歯など、歯の存在が障害の原因となる場合は、抜歯が必要となります。

 

 

抜歯が必要となる歯は

①重度のむし歯(齲蝕)で、どのような処置を行っても保存する事が不可能な歯

 

②歯根の吸収(歯の根に部分がなくなっていく生理的現象)が著しく、動揺の著しい歯

 

③根尖(歯の根の尖端の部分)に病巣があり、治療を行っても保存する事が非可能と思われる歯

 

④重度の歯周炎による歯槽骨(歯を支えている骨)の吸収で動揺の著しい歯

 

⑤歯冠(歯の歯肉から上に出ている部分)および歯根が破折していて修復が困難な歯

 

⑥隣の健康な歯や歯周組織に障害を及ぼしたり、感染症の原因となる歯

 

⑦義歯(入れ歯やブリッジ)制作のため抜去を必要とする歯

 

⑧矯正歯科治療のため、抜去を必要とする歯

 

⑨永久歯の萌出の妨げとなっている乳歯

 

⑩炎症の原因となった歯で、再発の恐れのあるもの

 

などです。

抜歯は、痛そうだし、恐そうだし。。。というイメージが強いかと思いますが、

やはりいつまでもご自身の歯で美味しくお食事をしたいものですよね♪

大切な歯を、抜かなくてもいいように、お痛みが無くても歯科に検診にいらして下さいね。

 

オリオン歯科汐留 スタッフ一同お待ちしております。

 

汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:   カテゴリ:未分類