汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用 Rotating Header Image

歯や口の役目

 

 

こんにちは。オリオン歯科汐留、歯科医師の南です。

 

超高齢化社会を迎えるにあたり、80歳になっても自分の歯が20本以上あれば、普通の食事をよく噛め、おいしく食べることができるという研究結果から、生涯を通じて自分の歯を20本以上保ち、質の高い、あるいは良質な生活(QOL : Quality Of Life)を営もうというねらいで、8020運動が提唱され、今日に至っています。

 

歯がなくなるのを防ぎ、8020運動を成功させるためには、むし歯と歯周病を積極的に予防し、生涯を通じて歯と口の健康づくりを推進することが重要です。

 

 

歯や口は、食べ物を噛んでこなして、体内に取り入れ、消化の第一関門としての役目をします。また、食べ物の感触を味わったり、中に入り込んできた異物を取り除く事ができます。

 

次に、話をしたり音を出す上で大切な役割をします。

 

さらに、見た目の美しさ、表情をつくる役割もします。

 

なかでも、物を「噛む」ことが歯や口だけではなく、からだの健康をつくるうえでの基礎になります。

 

また、物をよく噛んで食べることで食欲を満たし、精神的な健康を維持する上でも大切です。

 

いつまでも、若々しく健康でいられるために、ご自身のお口の中の健康を今一度考えてみてはいかがでしょうか?

 

一度、オリオン歯科に検診にきてはいかがですか?

汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科|汐留・浜松町・大門・御成門利用

日付:   カテゴリ:未分類